Rakuten infoseek

辞書

所得保障【しょとくほしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

所得保障
しょとくほしょう
国民が疾病,失業労働災害,老齢,廃疾などの社会的事故によって所得の一時的,あるいは継続的な中断,ないし喪失の危険にさらされる場合に,国民に一定水準の生活を確保させるために金銭給付を行う社会保障の最も重要な部門。給付の額の具体的な決定に関しては,大きく分けて均一給付方式と賃金 (報酬) 比例方式がある。前者は原則として各人の最低生活水準を保障しようとするものであり,それ以上の生活水準の確保は通常私保険などの活用により行われるべきことになる。これに対し後者は,要保障者 (通常被保険者) が得ていた賃金,ないし報酬を基準に給付額を決定する方式であり,要保障事故発生前の生活水準の維持,確保に主眼をおいた所得保障の方式であるといえる。日本の国民年金法による基礎年金給付は均一給付方式をとり,厚生年金保険法などによる各種の給付は,被保障者の賃金所得に比例して定められているが,算定の基礎となる賃金が被保険者であった全期間の平均標準報酬であるため,現在の賃金水準と比べてかなり低くなるという結果がもたらされている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょとくほしょう【所得保障 income security】
社会保障のうち現金給付を扱うものをさす。ベバリッジ報告は,社会保障の目的を〈欠乏からの自由〉にあるとしたため,所得保障は実質的に社会保障の同義語に近かった。アメリカのように社会保障を狭義には所得保障の意味に使う場合も多い。しかし多くの国で所得保障は医療保障とともに実質的に社会保障の二大部門を形成してきた。日本でもそうである。所得保障は病気,出産,失業などの所得の中断とか,障害,老齢(退職),世帯主の死亡のような所得能力の減退または喪失に対し,また子女扶養のような収入補給の必要のために,現金給付を行うものである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょとくほしょう【所得保障】
所得が喪失・不足した際に行われる、現金給付による社会保障。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

所得保障」の用語解説はコトバンクが提供しています。

所得保障の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.