Rakuten infoseek

辞書

戴・頂【いただき】

精選版 日本国語大辞典

いただき【戴・頂】
〘名〙 (動詞「いただく()」の連用形の名詞化)
① 頭のてっぺん。頭頂。また、頭。
※竹取(9C末‐10C初)「かみさへいただきに落(おち)かかるやうなるは」
※源氏(1001‐14頃)手習「ただいただきばかりをそぎ」
② 頭頂の結髪。いなだき。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
③ 山のいちばん高い所。頂上。山頂。
※書紀(720)神武即位前戊午年九月(熱田本訓)「彼の菟田の高倉山の巓(イタタキ)に陟て」
※竹取(9C末‐10C初)「駿河の国にあなる山のいただきに」
④ 物事のいちばん上の部分。てっぺん。
※書紀(720)天武八年是年(北野本訓)「芝草を貢れり。其の状菌(たけ)に以たり。〈略〉、其の蓋(イタタキ)二囲(いたき)
※枕(10C終)二九八「炭を重ねおきたるいただきに、火を置きたる」
⑤ 物事の限度。これ以上ないという最高の度合。極点。
※玉塵抄(1563)三〇「欲にはいたたきない者ぞ」
※浜松中納言(11C中)四「我は若君のいただきせさせ奉らん」
※東都歳事記(1838)四月八日「灌仏会〈略〉今日仏に供する所の餠を号していただき、又花くそといふ」
⑦ 物事をしそこなうこと。しくじり。特に芝居の世界でいう。不出来。失敗。
※洒落本・御膳手打翁曾我(1796か)「是からが大わらひサ。〈略〉むごひいただきさ〈いただきとは芝居の通語也しろう人にてはたいたといふ事〉」
⑧ 大した苦労もなく、また、そのままの形で手に入れたり自分のものにしたりすること。→いただく(一)(一)⑦。「これできょうの試合はいただきだ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いただ・く【戴・頂】
[1] 〘他カ五(四)〙
[一]
① 頭の上に載せる。また、上にあるようにする。
※万葉(8C後)二〇・四三七七「母刀自(あもとじ)も玉にもがもや伊多太伎(イタダキ)て角髪(みづら)のなかにあへ纏(ま)かまくも」
※平家(13C前)三「髪は空さまへ生ひあがり、よろづの藻くづとりついて、おどろをいただいたるが如し」
※日葡辞書(1603‐04)「シラガ、ユキ、シモヲ itadaqu(イタダク)」 〔礼記‐曲礼上〕
② つつしんで受けたり、ありがたい気持ちを表わしたりして、物を高くささげる。また、敬って大切にする。上の者として敬い仕える。奉戴する。
※続日本紀‐天平元年(729)八月二四日・宣命「朝(みかど)を助(あななひ)奉り輔(たす)け奉りて、頂(いただキ)(かしこ)み供奉(つかへまつり)つつ」
※日葡辞書(1603‐04)「サカヅキヲ itadaqu(イタダク)〈訳〉さかづきを上げる」
③ (身分の高い人から物をもらうとき、高くささげて受けるところから) 「もらう・買い受ける」の謙譲語。頂戴する。
※太平記(14C後)九「足利殿は代々相州の恩を戴(イタタ)き徳を荷(にな)って」
※天草本伊曾保(1593)イソポの生涯の事「リンシヲ ソエテ クダサレタレバ、Esopo コレヲ itadaite(イタダイテ)
④ 「食う・飲む」の謙譲語。つつしんで飲食する。また、「食う・飲む」の丁寧な言い方。
※虎寛本狂言・猿座頭(室町末‐近世初)「『さらば呑う。扨是をそなたへおまさう』『わらはがいただきませう』」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「日に三度米飯を三膳づつ頂(イタダ)いてゐるは」
⑤ ありがたいと感じる。また、ありがたく拝む。
※浮世草子・好色一代男(1682)六「よき風なる殿ぶりとかしらからいただかせて、皆うれしがらせ」
⑥ (「小言をいただく」意から) 物事をしそこなう。しくじる。
※洒落本・船頭深話(1802)二「今夜はいただいた晩だ。よっぽど評判がわりい」
※滑稽本・八笑人(1820‐49)初「だうりで茶番のたんびにいただくはずだあ」
⑦ 大した苦労もなく手に入れる。勝負事で勝ちを得ることや他人の考えをそのまま引用することにいう。→いただき⑧。「この試合はいただいた」「そのアイデアいただくよ」
[二] 補助動詞として用いられる。
① 自分のために相手に何かをしてもらう意の謙譲表現。
(イ) 動詞の連用形に、助詞「て」を添えた形の下に付く。
※滑稽本・七偏人(1857‐63)五「早く見て戴(イタダイ)たらよからう」
(ロ) 動詞の連用形に、敬意の接頭語「お」「おん」を冠した形の下に付く。
※手紙雑誌‐二・五号(1905)風涼しき別天地の生活〈大河内国子〉「詠み出で候歌どもしるしつけ候まま、御直しいただき度候」
(ハ) 動作性の敬語名詞の下に付く。「お世話いただく」「御検討いただく」
② 相手に願って、自分が何かすることを許してもらう意の謙譲表現。動詞に使役の助動詞などの付いたものに、助詞「て」を添えた形の下に付く。
※其面影(1906)〈二葉亭四迷〉二六「そんなら、然(さ)う為(さ)せて戴きます」
[2] 〘他カ下二〙 頭の上に載せる。いただかせる。
※阿吒薄倶元帥修行儀䡄嘉保二年点(1095)「頭に七宝花冠を戴(イタタケよ)
[語誌]本来は、頭上に載せる意の普通語であったが、上位者から物をもらう時、同様の動作をしたところから、中世以降、もらう意の(一)③の謙譲用法が確立した。また、上位者からもらった物を飲食するところから、飲食する意の(一)④の謙譲用法が生じ、さらに、丁寧用法も派生した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いただ・ける【戴・頂】
〘カ下一〙 (「いただく(戴)」の可能動詞)
① いただくことができる。もらえる。また、飲食することができる。
※坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉七「巾着切りの上前をはねなければ三度の御膳が戴けないと」
② (多く、否定表現を伴って用いられる) よいと認めて受け入れることができる。
※大阪の宿(1925‐26)〈水上滝太郎〉三「玄人(くろうと)の特徴も頂けなかった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戴・頂」の用語解説はコトバンクが提供しています。

戴・頂の関連情報

他サービスで検索

「戴・頂」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.