Rakuten infoseek

辞書

【げき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


げき
ji
中国古代の武器が合体したもので,~漢代にかけて用いられた。日本には,弥生時代に中国から銅戈が伝えられ,また同様のものが日本でもつくられた。茨城県三昧塚古墳から鉄製の戟が出土している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

げき【×戟】
古代中国の武器。戈(か)矛(ほこ)を組み合わせたもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

げき【戟】[漢字項目]
人名用漢字] [音]ゲキ(慣) [訓]ほこ
ほこの一種。刃が股(また)になっているもの。「剣戟兵戟矛戟(ぼうげき)
ちくちくと刺す。「刺戟

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げき【戟 jǐ】
中国の西周時代以後に多く使用された武器で,(か)と合わせて句兵こうへい)といわれる。基本的には戈と矛(ほこ)を組み合わせた形式で,青銅製が多いが,戦国時代後期になると鉄製のものが現れる。西周時代前・中期の河南省濬県辛村の西周からは,矛と戈が合鋳された刺援同体式の戟と,殷後期に使用された長刀と戈を組み合わせた鈎戟といわれるものが出土している。後者類例はまれである。春秋時代後期の河北省唐山県の墓などからは,戈と矛が別体の刺援異体式の戟が出土し,これ以後,戦国時代にかけての戟はこの形式が中心になる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

げき【戟】
古代中国の武器の一。両方に枝が出た三つ叉またのほこ。漢代のものは普通、鉄製。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げき【戟】
〘名〙 中国の戦国時代から漢代に用いられた三叉の刺突用兵器。殷・周代の戈(か)から発達した。茨城県の三昧塚(さんまいづか)古墳からも鉄製の戟様の遺物が出土。
※色葉字類抄(1177‐81)「戟 ケキ ホコ」 〔周礼‐冬官考工記・冶氏〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

戟の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.