Rakuten infoseek

辞書

或いは【アルイハ】

デジタル大辞泉

ある‐い‐は【×或いは】
《動詞「あり」の連体形+副助詞「い」+係助詞「は」から。本来は、「ある人は」「ある場合は」などの意の主格表現となる連語
[副]
同類の事柄を列挙していろいろな場合のあることを表す。一方では。「或いは歌をうたい、或いは笛を吹く」
ある事態が起こる可能性があるさま。ひょっとしたら。「或いは私がまちがっていたかもしれない」「明日は或いは雨かもしれない」
[接]同類の物事の中のどれか一つであることを表す。または。もしくは。「みりん、或いは酒を加える」
[補説]歴史的仮名遣いで「あるひは」と書く習慣は誤り。
[用法]あるいは・または――「多くの主婦が、外で働き、あるいは(または)学習に励んでいる」「明日は雨あるいは(または)雪になるでしょう」のように、二つのうちのどちらかということを表す場合は、「あるいは」「または」の両方が使える。◇「会議は五時終了の予定だが、あるいは、三〇分ほど延びるかもしれない」のような「もしかすると」の意の副詞用法では、「または」は使えない。◇類似の語に「それとも」がある。「それとも」は「進学するか、それとも就職するか、まだ決めていない」のように疑問の形の文をつなぐときに用いる。この場合、「あるいは」も「または」も使えるが、「それとも」が最も話し言葉的である。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

あるいは【或いは】
動詞ありの連体形に助詞のが付いたもの
接続
そのうちのどちらかという関係にある二つのものをつなぐ語。でなければ。または。もしくは。 本人-保護者の出頭を求める
その推測も全くは否定できないという気持ちを表す。もしかすると。ひょっとしたら。 -そうかもしれない
(「あるいは…あるいは…」の形で)同じような事柄を列挙して、さまざまな動作が行われたさまを表す。 -海山に遊んで休養をはかり、-勉学にいそしむ者もある 漢文訓読に由来する語法。古くあるひはと書かれることもあったが、あるいはが本来の形

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

或いは」の用語解説はコトバンクが提供しています。

或いはの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.