Rakuten infoseek

辞書

戒告【かいこく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

戒告
かいこく
(1) 行政上の義務履行を催告する通知行為。代執行の一段階をなす。代執行に際しては,まず相当の履行期限を定め,その期限までに履行がなされないときは,代執行をなすべき旨をあらかじめ文書で告しなければならない (行政代執行法3条1項) 。非常の場合または危険切迫の場合において,当該行為を実施すべき緊急の必要があり,戒告の手続をとる余裕のないときは,これを省略することができる (同条3項) 。 (2) 公務員懲戒処分の一種で,公務員の職務上の義務違反に対し,本人に将来を戒める旨の申渡しをする処分 (たとえば,国家公務員法 82) 。

(3) 公務員以外の,弁護士,税理士,海技従事者などに対する懲戒処分としての戒告 (たとえば,弁護士法 57) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かい‐こく【戒告/×誡告】
[名](スル)
過失・失態・非行などを強く戒めること。「厳重に―する」
(戒告)公務員などの職務上の義務違反に対する懲戒処分の一。本人に将来を戒める旨の申し渡しをする。もと「譴責(けんせき)」といった。
(戒告)行政上の義務の履行を催告する通知行為。代執行の前提となるもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいこく【戒告】
この言葉自体の意味は,過失や非行を言葉に出して戒めさとすことであるが,企業,学校,公務員制度のなかなど社会で広く用いられている。また,法律上もいろいろの領域で用いられているが,その代表的なものは,(1)行政上の義務の履行を促すために行われる通知行為としての戒告と,(2)公務員制度のなかで懲戒処分の一種として行われる戒告である。前者の典型的なものは行政代執行法に規定されているものである。行政庁が履行義務者本人に代わって代執行を行う際の手続の一つとして,相当な履行期限を示し,その義務が当該期間内に履行されない場合は行政庁が代執行する旨を文書をもってあらかじめ本人に通知しておくのがそれである(3条)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

戒告
かいこく
法律上二義がある。
(1)行政代執行法上は、相当の履行期限を定めて、それまで義務履行がないとき代執行をなすべき旨の通知行為をいう。この期限までに義務の履行がない場合に初めて代執行をなすことができるのが原則である。
(2)国家公務員法、地方公務員法上は懲戒処分の一種で、職員の懲戒責任を確認し、その将来を戒める処分をいう。懲戒処分として戒告・減給・停職・免職の4種類があり、戒告はこのうちもっとも軽い処分で、それ自体は単にしかりおくだけであるが、戒告処分を受けると、昇給延伸されるのが普通である。[阿部泰隆]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい‐こく【戒告】
〘名〙
① 過失、失態、非行等を戒め注意すること。
※泰西勧善訓蒙(1873)〈箕作麟祥訳〉五「親は其子を養育し〈略〉此世の危険を戒告す可し」 〔易経疏‐泰卦〕
② 公務員が職務上の義務に違反した場合の懲戒処分の一つ。将来を戒めるように申し渡すこと。
※国家公務員法(1947)八二条「減給又は戒告の処分をすることができる」
③ 行政上の義務を履行しない者に対して、行政機関が代執行をすべきことを通告すること。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戒告」の用語解説はコトバンクが提供しています。

戒告の関連情報

他サービスで検索

「戒告」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.