Rakuten infoseek

辞書

成/盛/静【ジョウ】

デジタル大辞泉

じょう【成/盛/静】[漢字項目]
〈成〉⇒せい
〈盛〉⇒せい
〈静〉⇒せい

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい【成】[漢字項目]
[音]セイ(漢) ジョウ(ジャウ)(呉) [訓]なる なす
学習漢字]4年
〈セイ〉
なしとげる。つくりあげる。しあがる。なる。「成果成功成績成立完成期成結成構成合成作成小成達成編成集大成
一人前になる、また、する。そだつ。「成育成熟成人成虫成長成年促成養成老成
できあがっている。「成案成句成語
〈ジョウ〉なる。なす。「成就成道成仏
[名のり]あき・あきら・おさむ・さだ・さだむ・しげ・しげる・なり・のり・はかる・ひで・ひら・ふさ・まさ・みち・みのる・よし
[難読]成吉思汗(ジンギスかん・チンギスハン)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せい【成 Chéng】
中国,五胡十六国の一つ。306‐347年。成漢後蜀ともいう。西晋時代,飢餓に苦しむ関中方面の(てい)族は故郷の漢水地方に流れこんだが,これを指導する李特は,西晋の内乱に乗じて四川地方を占拠した。以後李氏一族がこの地方の覇権を握り,李特の子李雄は道士范長生を政治顧問として成都帝位に就き,国号を大成と称した。のち第4代李寿がこれを漢と改めた。李雄の死後は一族の間に内紛が絶えず,第5代勢のとき東晋の桓温に攻略されて滅んだ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せい【成】
五胡十六国の一。氐てい族の李特が四川に建国(304~347)。東晋に滅ぼされた。成漢。後蜀。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なる【成】
暦注の十二直の一。新たに事を始めることに吉、訴訟や談判に凶という日。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


せい

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょう‐・ず ジャウ‥【成】
[1] 〘自サ変〙 なる。できる。できあがる。成功する。成就する。
※今昔(1120頃か)一「我が道の成じ不成ぜざる事を軽め疑ふ事无かれ」
[2] 〘他サ変〙 なしとげる。成就させる。
霊異記(810‐824)中「仏性の頂に登り、普く群生に施し、共に仏の道を成ぜむ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい【成】
[1] 〘名〙
① なしとげること。まとまった形にしあげること。曲を奏しおえること。
※儀式(872)三「国栖奏古風五成、次悠紀国奏国風四成」
平治(1220頃か)上「君、をえらんで官をさづけ、臣、をのれをはかって職をうくるときは、任をくはしうし成をせむること、労せずして化すといへり」 〔書経‐畢命〕
② たいらぎ。講和和睦。〔春秋左伝‐隠公六年〕
[2] 中国、五胡十六国の一つ(三〇四‐三四七)。成漢、または後蜀。氐(てい)族の李雄が四川の成都に建てた国。東晉に滅ぼされた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なっ【成】
〘感動〙 (「なるほど(成程)」の略) 相手のことばに対して、その通りであると同意する気持、またはそうであったかと納得する気持を表わす。
※内地雑居未来之夢(1886)〈坪内逍遙〉九「嘴(くちばし)をさしはさみて、大きな声にて、『成(ナ)っ』」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

なる【成】
〘名〙 旧暦の用語。暦の中段の十二直の一つ。建築・婚姻・立願・入学・旅行・移転・種蒔きなど、成就を期待する行事・事業を始めるのには吉、訴訟には凶とされる。成日(なるひ)
人情本・春色梅児誉美(1832‐33)初「立直を定め当日に執(とる)とはえんぎに成(ナル)(おさん)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

成/盛/静」の用語解説はコトバンクが提供しています。

成/盛/静の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.