Rakuten infoseek

辞書

成竹【セイチク】

デジタル大辞泉

せい‐ちく【成竹】
蘇軾「篔簹谷偃記」から。竹の絵を描くとき、胸中にその構図を描いたのち始める意から》前もって立てている計画。十分な見通し。成算
「胸中已(すで)に―ある千々岩は」〈蘆花不如帰

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

せいちく【成竹】
蘇軾の篔簹谷偃竹記竹を描くのに、まず完全な竹の形を心の中で想像して、そののち書き始めるとあるところから
あらかじめ立てる計画。十分な見込み。成算。 胸中すでに-あり

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せい‐ちく【成竹】
〘名〙 (「蘇軾‐篔谷偃竹記」の「画竹必先得成竹於胸中」による語。竹の絵を描くとき、脳裏に完全な竹の形を思い浮かべた後に筆をおろす意から) かねてからもっているしっかりした心中の計画。成算。
※不如帰(1898‐99)〈徳富蘆花〉中「其の作戦計画の必ず成効す可き胸中已に成竹(セイチク)ある千千岩は」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

成竹」の用語解説はコトバンクが提供しています。

成竹の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.