Rakuten infoseek

辞書

成田山新勝寺【なりたさんしんしょうじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

成田山新勝寺
なりたさんしんしょうじ
千葉県成田市にある真言宗智山派の大本山成田不動ともいう。寛朝によって天慶3(940)年創設された。本尊嵯峨天皇勅願により空海が刻したという不動明王以後鎮護国家霊場としてしだいに隆盛し,皇室とも関係があった。元禄年間には中興の照範が本堂などを建立,整備し,明治に入り照輪のときに今日の成田山の基礎が築かれた。1963年からの改築により,1967年新本堂が完成した。光明堂,釈迦堂三重塔仁王門,額堂が国の重要文化財に指定されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

成田山新勝寺
不動明王を本尊とする真言宗智山派の大本山で、940(天慶3)年に開山。広大な境内は約6万坪ある。正月三が日で、初詣に約300万人が訪れる。歌舞伎の市川団十郎家が代々信仰することでも知られる。
(2013-10-03 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

事典 日本の地域遺産

成田山新勝寺
(千葉県成田市成田1番地)
美しき日本―いちどは訪れたい日本の観光遺産」指定の地域遺産。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

成田山新勝寺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

成田山新勝寺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.