Rakuten infoseek

辞書

成果主義/能力主義

就活用語集(就活大百科 キーワード1000)

成果主義/能力主義
成果主義とは、達成した結果によって待遇を決定していく制度です。たとえば、会社に1億円の利益をもたらしたAさんと、100万円の利益をもたらしたBさんの間には、9,900万円という成果の差があります。この結果、たとえばAさんのボーナスは2,000万円、Bさんは20万円というように、報酬に差がつくことになります。一方、能力主義とは、能力に応じて待遇を決定していく制度であり、成果主義に近いものです。ただ、成果主義に比較して、成果に至るまでの取り組みや、過去の貢献実績なども加味しながら、その時、その時の、結果一辺倒にならないように配慮された制度といえます。つまり、能力はあるのに、たまたま成果に結びつかなかった人にも配慮された制度と言えます。現代は、社員全員が一緒に成長していける時代というよりは、シェアの奪い合いに勝ったものだけが成長できる競争淘汰の時代と言えます。そのために会社は、いかに人材の能力開花や発揮を促し、会社全体の競争力を高めるかを、会社戦略の重要課題に掲げています。このことをみなさんは、厳しいと感じるでしょうか? それとも、人材こそが最高の財産であることを会社が認識していることは素晴らしいことだと感じるでしょうか? 正直なところ、不安が先行してしまう人もいると思います。でも、過度に心配しないでください。新入社員には新入社員の基準が、3年目社員、5年目社員、10年目社員…には、それぞれに応じた基準があって、長期的にステップを踏んでいける場所、それが会社なのです。また、会社は教育というサポート体制も備えています。

出典:マイナビ2012 -学生向け就職情報サイト-
Copyright Mainichi Communications Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

成果主義/能力主義」の用語解説はコトバンクが提供しています。

成果主義/能力主義の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.