Rakuten infoseek

辞書

成実論【じょうじつろん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

成実論
じょうじつろん
Satyasiddhi-śāstra
訶梨跋摩 Harivarman (4世紀頃) の著作。仏教の重要な教理である四諦の意義を論述し,また部派仏教の諸説を記し,サーンキヤ,バイシェーシカニヤーヤなどのインド哲学派の説にも言及している。著者の立場は,いわば経量部にあるとみられる。本書は,インドではさして重要視されなかったが,鳩摩羅什によって漢訳されてから,彼の弟子が研究を始め,南北朝時代には最も盛んとなり,日本にも三論とともに伝えられて東大寺などで盛んに研究された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じょうじつろん〔ジヤウジツロン〕【成実論】
仏教論書。16巻または20巻。インドの訶梨跋摩(かりばつま)著。鳩摩羅什(くまらじゅう)訳。一切皆空を説き、また四諦(したい)の真実義を明らかにした。成実宗の根本教典。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じょうじつろん【成実論】
インド仏教の論書。略称《成論(じようろん)》。ハリバルマンHarivarman(訶梨跋摩(かりばつま),250ころ‐350ころ)著。サンスクリット原典はなく,クマーラジーバ(鳩摩羅什)による漢訳(411‐412)のみ現存。16巻または20巻で,5聚202品よりなる。まず〈発聚(ほつしゆう)〉(1~35品)では,仏・法・僧の三宝を論じ,〈苦諦聚〉(36~94品)では現実の苦の存在である五陰(五蘊(ごうん))を論ずる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じょうじつろん【成実論】
仏書。一六巻または二〇巻。訶梨跋摩かりばつま著。鳩摩羅什くまらじゆう訳。この世界全体は仮の現象にすぎず、すべては空であることを強調する。中国で、六、七世紀から空の強調にかたより、小乗仏教に属するとされた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

成実論
じょうじつろん
インドの仏教論書。西暦401年に中国に渡った西域(せいいき)僧鳩摩羅什(くまらじゅう)が将来し翻訳した漢訳しか現存しない。作者は訶梨跋摩(かりばつま)(ハリバルマンHarivarman)。成立年代は不明だが、おそらく4世紀後半インドでつくられ、まもなく羅什によって中国にもたらされたが、インドでは成功をみず消滅してしまったのであろう。その内容は仏教教理全体にわたるが、とくに説一切有部(せついっさいうぶ)の基本的立場である「法の実有(じつう)思想」を排して、法が空にして実有でないこと、および有部の唱える「心・心所相応説」(心を心の本体と各心理現象に区別する説)に反対して、心を一つのまとまりとしてとらえることを主張した点に特徴がある。またバイシェーシカ学派(勝論(かつろん)派)など、仏教以外のインド哲学の学説も引用されている。本書はおそらく部派仏教(小乗仏教)中の経量(きょうりょう)部のうちでもかなり進歩した説をなす人物の手になるものであろう。中国では『倶舎論(くしゃろん)』翻訳までは、仏教教理綱要書の代表とみなされ盛んに研究され、成実宗を形成した。成実宗は日本にも伝わり、奈良時代には南都六宗の一つに数えられた。[加藤純章]
『福原亮厳著『仏教諸派の学術批判・成実論の研究』(1969・永田文昌堂)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょうじつろん ジャウジツ‥【成実論】
(Satyasiddhiśāstra) 仏典。一六巻または二〇巻。訶梨跋摩(かりばつま)(Harivarman)著。後秦の鳩摩羅什(くまらじゅう)の漢訳があるが、原典は伝わらない。苦、集、滅、道の四諦を明らかにし、苦を滅して涅槃(ねはん)に至るためとして、禅定と空無我の真智とを説いている。中国仏教の教理発展に大きな影響を与えたが、嘉祥大師吉蔵は、三論の立場からこれを小乗と批判した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

成実論」の用語解説はコトバンクが提供しています。

成実論の関連情報

関連キーワード

経量部成実宗

他サービスで検索

「成実論」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.