Rakuten infoseek

辞書

チンギスハン

デジタル大辞泉

チンギス‐ハン(Chingis Khan)
[1162?~1227]モンゴル帝国の創始者。在位1206~1227。廟号(びょうごう)は太祖。幼名、テムジン(鉄木真)。1206年、全モンゴルの部族を統一してチンギス=ハンの称号を得た。西夏などを討ち、さらに西アジアのホラズムを攻略して支配下に収め、南ロシアを含む大国家としたが、遠征中、陣中で病死。チングス=ハン。ジンギス=カン。
[補説]「吉思」とも書く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

チンギスハン【成吉思汗】
1167~1227) モンゴル帝国の創始者(在位1206~1227)。廟号は太祖。幼名、鉄木真テムジン。モンゴルを統一し、1206年ハンの位につく。氏族共同体を解体、ハンのもとに統轄された遊牧領主制を確立。西夏を服属させ、15年金に侵入。19年以降西征を行いホラズム・南ロシアを征服。のち西夏を再征したが、陝西省で病没。ジンギス汗かん。 〔「成吉思汗」とも書く〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ジンギス‐カン【成吉思汗】
[1] 蒙古(モンゴル)帝国の太祖(在位一二〇六‐二七)。幼名は鉄木真(テムジン)。モンゴル部族を統一、タタール族、ケレイト部族、ナイマン部族を滅ぼして全蒙古の覇者となり、一二〇六年ジンギスカンの称号をうけて蒙古帝国の可汗となった。帝国の新機構が整うと外征に転じ、タングート、金、ホラズム(フワーリズム)国を破ったが、二七年遠征途上で病没。チンギス汗。チンギスハン。(一一六二頃‐一二二七
※手袋のかたっぽ(1943)〈永井龍男〉初「雪の中で烤羊肉(ジンギスカン)を御馳走しよう」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チンギスハン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

チンギスハンの関連情報

関連キーワード

チンギス・ハン(成吉思汗)バトゥ安貞グレゴリウス9世西夏ケレスチヌス4世道元日本年号一覧天童如浄

他サービスで検索

「チンギスハン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.