Rakuten infoseek

辞書

成功【じょうごう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

成功
じょうごう
平安時代中期以後,朝廷の行なった売官で,造営大礼などの費用を献じて任官されること。奈良時代,成に近い制度として,官人資財を献じて,実働と同じ評定を受ける贖労 (しょくろう) があったが,荘園の増加により,国家収入が激減した 11世紀なかば以降,宮城や寺社の造営や大行事などにあたり,私財をもって,その助成をした官職を与える風が一般化した。また寺社に特定の官を与え,寺社が直接,任官希望者に造営料を負担させることも行われた。国司が4年の任期が終ったのち,成功により重任されることも多く,これを「重任の功」と呼んだ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じょう‐ごう〔ジヤウ‐〕【成功】
公事(くじ)をつとめて、功を成す意》平安中期以降に盛んになった売官制度。私財を朝廷に寄付して造宮造寺などを行った者が、その功によって官位を授けられるもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐こう【成功】
[名](スル)
物事を目的どおりに成し遂げること。「失敗は成功の母」「新規事業が成功をおさめる」「実験に成功する」
物事をうまく成し遂げて、社会的地位や名声などを得ること。「写真家として成功する」
じょうごう(成功)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じょうごう【成功】
平安時代初期を過ぎるころ,奈良時代からあった贖労銭(しよくろうせん)という財貨を納めた者を下級官人に補任することが盛んになっていたが,さらに朝廷では収入不足の対策の一つとして,宮殿官衙の建築・修理や諸行事挙行の経費に充てるため,中央・地方の下級官職を用意し,希望して任料を納入した者や,私財で負担してその〈功〉を〈成〉した者をこれに任じた。また公費で営繕することになっていた寺社の建物の場合などにも財源として官職を給し,私費で応じた者を申請させて補任した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じょうごう【成功】
朝廷の臨時の出費に私財を寄付した者に官位を与えたこと。平安末期には諸国の受領、鎌倉初期には八省の判官までが対象とされた。 「 -まいらせて信濃の守になりたる者なり/愚管 6

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せいこう【成功】
( 名 ) スル
仕事・計画などがうまくいくこと。目的を達成すること。 ⇔ 失敗 「実験が-する」
相当な地位や財産を得ること。 「実業界で-する」 「 -者」
功を積むこと。年功。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

成功
じょうごう
平安時代に行われた売官制度。朝廷に私財を献じて、各種の造営、大儀などの功(こう)を成し遂げた者に、官職を授与すること。成功に近い制度としては奈良時代の「贖労(しょくろう)」があるが、律令(りつりょう)制の衰退した平安中期以降、国費の不足を補うため、とくに盛んに行われた。国司の任期満了後、成功により重任(ちょうにん)される「重任の功」はその代表。また寺社に官を与え、寺社が功を募り、造営料にあてることもあった。[渡辺直彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょう‐ごう ジャウ‥【成功】
〘名〙 (「じょう」は「成」の呉音。公事を務めて功を成す意) 平安中期以降、政府に造宮、造寺などの臨時の出費のあるとき、私財を寄付すること。その用途を賄うことで官位を賜わった。特に院政期に盛んで国司を希望する者が多かった。南北朝以後衰退した。せいこう。
※小右記‐天元五年(982)二月二七日「成功者三人、随其品帙賞進者」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

せい‐こう【成功・成効カウ
〘名〙
① 事業を完成すること。仕事ができあがること。目的を達成すること。
※三代格‐五・天長八年(824)四月二一日「件使一任永用、既倦成功
※落葉(1889‐90)〈内田魯庵〉「セルカークの事蹟世に公けになりて之を記述し或はせんと試みしもの多きに係らず一人として成効(セイカウ)せしものなく」 〔書経‐禹貢〕
② 事業をなしとげた功績。できあがり。成果。また、功を積むこと。年功
※菅家文草(900頃)一・奉和王大夫賀対策及第之作「莫道成功能管領、一枝蠧桂謝家君
※至花道(吉田本追記)(1420)「遊楽の成功長じて用又躰に成れは」 〔論語‐泰伯〕
③ 富や社会的地位を得ること。
※源平盛衰記(14C前)二五「僧正勅命に依て、成功(セイコウ)の人を召付て」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

成功」の用語解説はコトバンクが提供しています。

成功の関連情報

他サービスで検索

「成功」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.