Rakuten infoseek

辞書

成人【セイジン】

デジタル大辞泉

せい‐じん【成人】
[名](スル)
心身が発達して一人前になった人。成年に達した人間。おとな。現在一般的には、満20歳以上の者をいう。
子供が成長して大人になること。「娘はもう成人して働きに出ている」
[補説]民法改正により、成人年齢令和4年(2022)4月から18歳に引き下げられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

成人
 精神的,身体的,性的に成熟した

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいじん【成人】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せいじん【成人】
( 名 ) スル
心身ともに成長して、一人前の人間になること。また、その人。 「子供は皆-して家を出た」
成年に達すること。また、その人。現代日本では満二〇歳以上の男女をいう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せい‐じん【成人】
〘名〙
① (━する) 幼い者が成長すること。おいたっていくこと。成長。また、成長した子ども。大きくなった子ども。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※曾我物語(南北朝頃)一一「人の親のならひ、我身のおとろへをば知らずして、子のせいじんを願ひしぞかし」
※浮世草子・好色盛衰記(1688)一「乳母(うば)に抱もりの女房あまたつきそひ、日ごとに成人(セイジン)して」
② (━する) おとなになること。成年に達すること。また、その人。おとな。現在、日本では、満二〇歳以上の者をいう。→げんぶく(元服)
※令義解(833)僧尼「凡僧聴近親郷里。取信心童子〈謂。未成人之称也〉供侍
※平家(13C前)六「君御成人の後、清濁をわかたせ給ひての上の事にてこそあるに」 〔礼記‐冠義〕
③ 知徳がそなわり人格がすぐれた人。思慮分別をわきまえた人。
※山王絵詞(1310頃)二「延暦寺五代の座主智証大師〈略〉いとけなくして成人の賢慮あり」 〔詩経‐大雅・思斉〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

成人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

成人の関連情報

他サービスで検索

「成人」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.