Rakuten infoseek

辞書

戌の日【イヌノヒ】

デジタル大辞泉

いぬ‐の‐ひ【×戌の日】
十二支のに当たる日。安産といわれることから、妊婦が妊娠五か月目のこの日に帯祝いをする習慣がある。→帯祝い岩田帯

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いぬのひ【戌の日】
十二支の戌にあたる日をいい,吉凶さまざまな俗信がある。妊婦が妊娠5ヵ月目の戌の日に岩田帯をする風習は広い。これは犬が多産で産が軽いと信じられたためだが,戌の日にお産をすれば安産だとか,この日に夫婦が交われば妊娠するともいう。また作地帯では,戌の日に麦まきすると〈犬食わず〉といい,その麦を食えずに死ぬ者が出るといって嫌う。この禁忌が穀物将来説話と結びつけて語られる場合も多くみられる。昔,弘法大師に行った時,麦をの中に隠して持ち出そうとした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いぬのひ【戌の日】
暦の上で戌にあたる日。俗に犬は安産と信じられて、妊婦が妊娠五か月目のこの日に岩田帯を締める習慣がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

戌の日
いぬのひ
十二支の戌にあたる日。干支(えと)によって吉凶を判断することは広く行われている。戌の日については、出産の帯祝いをする吉日を戌の日としている土地が多い。妊娠5か月目の戌の日に里の母親または産婆が紅白の帯を妊婦に締めて祝いをする。犬は産が軽いからそれにあやかるためという。産育とは反対に、牛馬商人は戌の日を厄日としているが、その一方、戌の日に馬に種付けをすればかならず受胎するといっている。[大藤時彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いぬ【戌】 の 日(ひ)
十二支の戌に当たる日。俗に犬は多産、または安産と信じられて、妊婦がこれにあやかろうと、五か月目のこの日に腹帯をする慣習がある。
※雑俳・柳多留‐五二(1811)「戌の日にばばア尻尾(しっぽ)を振て来る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戌の日」の用語解説はコトバンクが提供しています。

戌の日の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.