Rakuten infoseek

辞書

戊申詔書【ぼしんしょうしょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

戊申詔書
ぼしんしょうしょ
1908年 10月 13日に渙発された詔書。この年の干支戊申にあたったのでこの名がある。日露戦争後の社会的混乱のなかにあって,華美を戒め,勤倹をすすめ,天皇制国家における国民道徳の方向を示したもの。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぼしん‐しょうしょ〔‐セウシヨ〕【戊申詔書】
明治41年(1908)戊申の年に出された詔書日露戦争後の個人主義社会主義盛行を戒め、国民に勤倹を求めた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぼしんしょうしょ【戊申詔書】
日露戦争後,国民に勤倹節約と国体尊重を徹底する目的で1908年10月13日に発布された詔書。渙発の年が戊申(つちのえさる)に当たっていたのでこの名がある。第2次桂太郎内閣の内務大臣平田東助の要請によるものといわれ,教育勅語とともに明治期渙発された国民教化の二大詔勅である。そこでは,戦勝の余栄にひたり華美に流れる風潮が戒められ,国家の政策に従い国民が共同一致,勤倹力行して国富の増強に邁進(まいしん)すべきことが強調された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぼしんしょうしょ【戊申詔書】
1908年(明治41)戊申の年に発せられた詔書。日露戦争後において、国民が国民道徳を強化し、上下一致、勤倹力行して国富増強にあたることが強調された。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

戊申詔書
ぼしんしょうしょ
1908年(明治41)10月13日に渙発(かんぱつ)された詔書。同年が戊申(つちのえさる)の年のため戊申詔書とよばれる。日露戦争の結果、日本は帝国主義国として列強と並ぶ国際的地位を得た。しかし、国内では、地方社会の荒廃、疲弊が表面化し、また社会主義、個人主義などによるいわゆる「思想悪化」が問題化した。この詔書は、こうした状態に対処しようとしたもので、皇室を中心として「上下」が一体となり、「忠実業ニ服シ勤倹産ヲ治メ」ることによって国運を発展させ、列強に伍(ご)していくことを国民に求めたものであった。日露戦争後、内務省などによって行われた地方改良運動のなかで、戦後の国民のとるべき道を示すものとして重視され、渙発後、各地の役場、小学校などで捧読(ほうどく)会が開かれたほか、学校教育でも教育勅語と並ぶものとされ、国民に大きな影響を与えた。[岡田洋司]
『宮地正人著『日露戦後政治史の研究』(1973・東京大学出版会)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼしん‐しょうしょ ‥セウショ【戊申詔書】
戊申の年の明治四一年(一九〇八)一〇月一三日、国民道義作興のために出された詔書。日露戦争後の個人主義的な快楽主義・官能主義の風潮、社会主義的思想の台頭などの傾向を戒めるため、第二次桂内閣の時発布された。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戊申詔書」の用語解説はコトバンクが提供しています。

戊申詔書の関連情報

関連キーワード

国木田独歩監獄法国木田独歩グリフィス西園寺公望内閣新聞小説光緒帝内閣総理大臣キュビスムクリーマー

他サービスで検索

「戊申詔書」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.