Rakuten infoseek

辞書

懸想【ケソウ】

デジタル大辞泉

け‐そう〔‐サウ〕【懸想】
[名](スル)《「けんそう」の撥音の無表記》思いをかけること。恋い慕うこと。けしょう。「ひそかに懸想している」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

け‐しょう〔‐シヤウ〕【懸想】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

けそう【懸想】
スル
けんそうの撥音の無表記から
異性に思いをかけること。恋い慕うこと。 窃かにお鈴に-して/薄命のすず子 お室

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

け‐しょう ‥シャウ【懸想】
※承応版狭衣物語(1069‐77頃か)三「さやうのけしゃうなど、おしなべては習ひはぬ心地に、人も怪しと思はむとつつましくて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けしょう‐・ず ケシャウ‥【懸想】
〘他サ変〙 =けそうず(懸想)
※浜松中納言(11C中)三「大弐のむすめののぼりたるを、けしゃうずるといひなされんのきこえもびんなく」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

け‐そう ‥サウ【懸想】
〘名〙 (「けんそう(懸想)」の撥音「ん」の無表記) 思いをかけること。恋すること。恋いしたうこと。恋慕。けしょう。
※源氏(1001‐14頃)夕顔「私のけさうもいとよくしをきて案内も残る所なくみ給へをきながら」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けそう‐・ず ケサウ‥【懸想】
〘他サ変〙 恋いしたう。思いをかける。恋慕する。けしょうず。
※伊勢物語(10C前)三「けさうじける女のもとに、ひじきもといふ物をやるとて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けそう‐・ぶ ケサウ‥【懸想】
〘自バ上二〙 思いをかけているような様子をする。色好みらしくふるまう。
※源氏(1001‐14頃)柏木「わざとけさうびてはあらねど、に気色ばみて聞え給ふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

懸想」の用語解説はコトバンクが提供しています。

懸想の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.