Rakuten infoseek

辞書

懐素【かいそ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

懐素
かいそ
Huai-su
[生]開元13(725)/開元25(737)
[没]?
中国,唐の書家,僧侶。長沙 (湖南省) の出身。俗姓は銭氏,字は蔵真。幼くして仏門に入ったが,生来書を好み,張旭の流れをくむ狂草体の草書名手として著名筆跡としては『自叙帖』 (777) ,『聖母帖』『草千字文』『蔵真律公帖』などがある。なお,陸羽に『唐懐素伝』がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かいそ〔クワイソ〕【懐素】
[725ころ~785ころ]中国唐の書家・僧。永州零陵(湖南省)の人。俗姓。字(あざな)は蔵真。風変わりな味のある草書を得意とし、酔っては書きなぐった。「草書千字文」「自叙帖」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいそ【懐素 Huái sù】
725?‐785?
中国,唐の僧で草書の名手。姓は銭,字は蔵真。永州零陵(湖南省)に生まれ,幼少の時に仏門に入った。書を従兄弟の鄔彤(おとう)に学び,郷里において名声を得た。そのとき知名の士39人が《草書歌》をつくって賛美している。777年(大暦12)洛陽に出て,顔真卿に会い,《草書歌》の序文請い,また自らの書歴を述べた《自叙帖(じじよじよう)》を書いた。彼はもっとも張旭(ちようきよく)を慕い,酒を愛し,酔興に乗じて手あたりしだいに狂草を毫した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かいそ【懐素】
725頃~785頃 中国、唐の僧・書家。字あざなは蔵真。草書をよくした。「草書千字文」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

懐素
かいそ
(725―785)
中国、唐代中期の書家、僧侶(そうりょ)。湖南長沙(ちょうさ)の人。俗姓は銭氏、詩人銭起の従甥(じゅうせい)にあたる。字(あざな)は蔵真。早くから仏門に入り、幼少より書を好み、使い古した筆は塚をなしたという。顔真卿(がんしんけい)から張旭の法を授けられたが、ある夏の夕方、風に漂う雲のありさまを見て筆意を悟ったという伝えがある。縦横自在、千変万化の狂草(きょうそう)を得意としたが、酒を愛し、酔うと手当たりしだいに草書を書いたので狂僧とも称された。唐代における草書の大家として、張旭とともに異彩を放っており、『草書千字文』『自叙帖』『聖母帖』などの作品が世に知られている。[角井 博]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かいそ クヮイソ【懐素】
中国唐代の書家、僧。飄逸な草書を得意とし、酒に酔っては手あたり次第に狂草を書きなぐり、張旭(ちょうきょく)とともに張顛素狂(ちょうてんそきょう)と呼ばれた。(七二五頃‐七八五頃

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

懐素」の用語解説はコトバンクが提供しています。

懐素の関連情報

関連キーワード

姻族映画公開率宇佐神宮芦ノ湖牡丹江サンビセンテ島山崎橋血族後発発展途上国

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.