Rakuten infoseek

辞書

懐中【カイチュウ】

デジタル大辞泉

かい‐ちゅう〔クワイ‐〕【懐中】
[名](スル)
ふところ、またはポケットの中。また、そこに入れて持っていること。
「山道の往来に論語を―して」〈蘆花思出の記
懐中物」の略。
(接頭語的に用いる)携帯用の小型の物。「懐中電灯」「懐中本」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かいちゅう【懐中】
( 名 ) スル
ふところやポケットの中。また、そこに入れること。 「 -をさぐる」 「 -して来た翻訳物を取出し/浮雲 四迷
「懐中物」の略。 「人の-を抜くのがスリで/吾輩は猫である 漱石

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい‐ちゅう クヮイ‥【懐中】
〘名〙
① ふところやポケットの中。
※凌雲集(814)神泉苑花宴賦落花篇〈嵯峨天皇〉「点珠顔綴駘吹、入懐中、嬌態閑」
※古今著聞集(1254)四「大臣、御製をとりて中に入たまひけり」
② (━する) ふところやポケットに入れること。
※平治(1220頃か)下「ほそき所を盛安になげ給ひしを、取りて懐中するとみて」
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉三「彼奴(きゃつ)の懐(クヮイ)中をお為ごかしで御用心であづかりおいた中から」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

懐中」の用語解説はコトバンクが提供しています。

懐中の関連情報

他サービスで検索

「懐中」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.