Rakuten infoseek

辞書

憲法染【ケンボウゾメ】

デジタル大辞泉

けんぼう‐ぞめ〔ケンバフ‐〕【憲法染】
黒茶色の地に小紋を染め出したもの。慶長(1596~1615)のころ、吉岡流4代目憲法(けんぼう)考案という。吉岡染

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

けんぼうぞめ【憲法染】
黒茶色の小紋染。また一説に、型紙を用い、防染糊のりで防染したのち引き染めにする小紋染の方式。いずれも吉岡憲法が考案したという。吉岡染。 「油屋絹の諸織を-の紋付/浮世草子・永代蔵 5

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けんぼう‐ぞめ ケンバフ‥【憲法染・憲房バウ染】
〘名〙 染模様の名。古くはふしがね、後には質の悪い灰墨を用いて、黒茶色に小紋を染めたもの。江戸時代、慶長(一五九六‐一六一五)の頃、京都西洞院四条の剣術家吉岡憲法(憲房・兼房・建法とも)が初めて染め出したという。憲法小紋。憲法(けんぼ)黒茶。吉岡染。けんぼ。けんぼう。
仮名草子・薬師通夜物語(福斎物語)(1643頃)「りんずや、さやに、羽二重を、けんほふ染めに数をして」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

憲法染」の用語解説はコトバンクが提供しています。

憲法染の関連情報

他サービスで検索

「憲法染」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.