Rakuten infoseek

辞書

憲法改正【けんぽうかいせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

憲法改正
けんぽうかいせい
成文憲法の条文を,所定の手続きをふんで改変すること。憲法を全面的に書き改める全部改正と,条項の修正削除,追加または増補によって一部を手直しする部分改正がある。アメリカ合衆国憲法の改正は,既存の憲法典になんら変更を加えず,従来の規定と矛盾するものも含め,新しい条項を付加していくという方法で行なわれる。その明文を意識的に改変するという点で,慣習によって憲法の意味を変える憲法の変遷と区別される。改正が通常の立法手続でできる軟性憲法と,改正が通常の立法手続より厳格な硬性憲法があり,今日ほとんどの憲法が硬性憲法である。
日本国憲法96条1項は,憲法改正は衆議院と参議院の総議員の 3分の2以上の賛成国会発議し,さらに特別の国民投票または国会の定める選挙の際行なわれる投票において過半数の賛成を得なければならないと定めている。所定の改正手続に基づけばどのような改正も可能であるのか,限界はあるのかという問題に関しては,限界説と無限界説に見解が分かれるが,限界説が支配的である。日本国憲法は大日本帝国憲法の改正として定められたが,主権の所在を変更しているなどの点から,新憲法の制定と一般に解されている。日本国憲法が,連合国総司令部 GHQによって起草されたマッカーサー草案に依拠してつくられたということもあり,憲法改正の是非は戦後日本における大きな政治問題となった。2007年には日本国憲法の改正手続に関する法律国民投票法)が成立,2010年に施行され,従来規定されていなかった憲法改正の手続きが具体的に定められた。(→憲法

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

憲法改正
憲法96条では、憲法改正の要件として、衆参各院で総議員の3分の2以上の賛成で発議し、国民投票で過半数が賛成することと定めている。安倍晋三首相は改憲入り口として、発議要件を衆参の「3分の2以上」から「過半数」の賛成に緩和する改正を掲げる。
(2013-07-23 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

けんぽう‐かいせい〔ケンパフ‐〕【憲法改正】
成文憲法を改正すること。憲法の規定する手続きに従って、憲法の一部に修正・削除・追加などの変更を加えること。日本では、国会各議院の総議員の3分の2以上の賛成を得て発議され、国民投票でその過半数による承認を得なければならない。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けんぽうかいせい【憲法改正】
憲法の基本原理を維持しつつ,正規の改正手続にしたがって憲法正文を変更(削除・修正・追加・増補)する作用。憲法の基本原理を変更する作用である憲法制定から内容上区別され,また正規の改正手続によらないで憲法正文を実質的に変更する憲法変遷から形式上区別される。近代の憲法典は,憲法を変更する方法として,普通の立法手続に比べて加重された改正手続(憲法改正条項)を定めているのが普通である。その趣旨は,国の根本法である憲法の安易な変更を防ぐとともに,合法的変更の道を開いておくことにより憲法が時代の変化に柔軟に対応していくことを可能とし,全体として憲法の安定性と永続性を確保しようとすることにある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

けんぽうかいせい【憲法改正】
成文憲法に修正・追加・削除などの変更を加えること。日本国憲法の改正は、国会各議院の総議員の3分の2以上の賛成で国会が発議し、国民投票に付され、その過半数の承認を必要とする。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

憲法改正」の用語解説はコトバンクが提供しています。

憲法改正の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.