Rakuten infoseek

辞書

慶派【けいは】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

慶派
けいは
鎌倉時代,奈良を中心に正系仏師として造仏界に勢力をもった一派康慶以来,運慶快慶湛慶など,名にの1字をつけるものが多く,後世これを慶派と称する。湛慶以後には次の仏師がいる。運慶の次男で定慶と改名したと伝えられる康運興福寺『竜灯鬼,天灯鬼』造像の3男康弁。法隆寺金堂『阿弥陀三尊像』,東寺北面御影堂『弘法大師』,六波羅蜜寺『空也上人』造像の4男康勝。5男運賀。6男運助。康運の子で白毫寺『泰山王,初江王』,神護寺『愛染明王』造像の康円。運助の子で大分,永興寺『持国天』,奈良,般若寺『文殊四眷属』造像の康俊。康勝の子で東大寺『地蔵菩薩』造像の康清。快慶の弟子で師と大報恩寺『釈迦如来』造像の行快。東大寺講堂『地蔵菩薩』造像の栄快。六波羅蜜寺『弘法大師』造像の長快など。これら仏師は円派院派が衰退したのちも正系仏師として勢力を誇り,江戸時代まで存続した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

けい‐は【慶派】
平安末期から江戸時代に至る仏師の一派。鎌倉時代に康慶運慶湛慶(たんけい)快慶など、慶のつく名の仏師が輩出したことからの名称七条仏所を形成し、造仏界の主流をなした。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けいは【慶派】
平安時代半ばごろにおこった仏師の一系統(図)。定朝の子の覚助(かくじよ)(?‐1077)に始まり,康慶や運慶の一門や,その系統の仏師で,その名の一字に〈慶〉字を付すことが多い。鎌倉時代になり京都七条に仏所を置いたので,のちには七条仏所ともよばれた。覚助は父定朝に劣らぬ技能を備えていたらしいが,若年で没しており,その後をうけたのは定朝の弟子長勢,覚助の弟子院助であり,彼らは京都を中心に活躍する。覚助の子頼助は技術の上では院助より劣っていたらしく,中央では容れられず,早くから南都奈良に下って,祖父定朝以来関係の深かった興福寺の仏師となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

けいは【慶派】
仏師の系統の一。平安末期に始まる。運慶・快慶など慶の字を用い、鎌倉時代には院派いんぱ・円派を圧して勢い盛んであった。七条仏所を形成し、江戸時代に至る。 → 院派

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

慶派
けいは
平安後期におこった仏師の一派。定朝(じょうちょう)の子である覚助(かくじょ)に始まる系統の仏師たちは、その名の一字に「慶」を付することが多かったので、この派の仏師たちを慶派とよぶ。鎌倉時代の初めに、康慶とその子運慶、康慶の弟子快慶、運慶の長子湛慶(たんけい)などの名匠が輩出したので、他の仏所を圧倒して勢力があり、その系統は江戸時代にまで続き、各時代を主導する名工を出している。この系統は京都七条に仏所を構え、七条仏所とよばれて造仏界に大きな地位を占めた。[佐藤昭夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けい‐は【慶派】
〘名〙 平安後期から鎌倉初期にかけての仏師の流派の一つ。康慶、運慶、湛慶、快慶など慶の一字を号に用いた仏師の名にちなんだ呼称。後世、院派・円派に対していう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

慶派」の用語解説はコトバンクが提供しています。

慶派の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.