Rakuten infoseek

辞書

慣性力【かんせいりょく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

慣性力
かんせいりょく
force of inertia
非慣性系での物体運動方程式を,慣性系でのニュートンの運動方程式と同形に書いたときに,方程式の力の項に含まれる真の力 (他の系との相互作用による力) 以外の力。すなわち,力 f が働いたときに質量 m の物体が得る加速度が慣性系では a ,非慣性系では a' であるとすれば,物体の運動を決める運動方程式は慣性系ではニュートンの運動方程式 maf である。しかし非慣性系では ma'=fma0 となる。ただし a0aa' で,これは慣性系に対する非慣性系の相対加速度を表わす。物体の質量 m に比例する項 -ma0 が見かけの力であって,相対加速度 a0 の種々の場合に応じて以下の名で呼ばれる。慣性系に対し並進加速度 a1 で動く並進加速度系では a0a1 であって,見かけの力 -ma1 を並進慣性力という。慣性系に対し角速度 ω で回転する回転座標系では,見かけの力は3種に分類される。角速度 ω が一定な回転系では,回転軸上にない物体に働く遠心力と回転系に対し動いている物体にだけ働くコリオリの力とがある。角速度の大きさ ω または回転軸の方向が変る回転系では,これら以外の見かけの力として横慣性力がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かんせい‐りょく〔クワンセイ‐〕【慣性力】
慣性系に対して加速度運動をしている座標系の中で、物体の運動に現れる見かけ上の力。例えば、カーブを曲がる車の中にいる人を外側に傾けさせる力など。慣性抵抗

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんせいりょく【慣性力】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かんせいりょく【慣性力】
慣性系に対して加速度運動をしている座標系で運動方程式を記述する際に現れる見かけ上の力。大きさは質量に加速度を乗じたもの、向きは加速度と逆。遠心力・コリオリの力など慣性抵抗。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かんせい‐りょく クヮンセイ‥【慣性力】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

慣性力」の用語解説はコトバンクが提供しています。

慣性力の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.