Rakuten infoseek

辞書

慢性【マンセイ】

デジタル大辞泉

まん‐せい【慢性】
症状はあまりひどくないが、治りにくく、経過が長びく病気の性質・状態。⇔急性
望ましくない状態が長く続くこと。「慢性化した不景気」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

まんせい【慢性】
急激な症状の変化もなく、良くも悪くもならないまま長引いて、なかなか治らない病気の状態。 ⇔ 急性 -の盲腸炎

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まん‐せい【慢性】
〘名〙
① 急激に悪化したりはしないが、治癒にも長期間を要する病気の性質。また、一般に、好ましくない状態が長く続くこと。⇔急性
※七新薬(1862)一「風湿毒性関接焮衝及び其慢性の者に人多く称用す」
② 緩慢に、ある結果に到達すること。
※坑夫(1908)〈夏目漱石〉「況して慢性(マンセイ)の自滅で満足する今の自分には」
③ (━する) なれてしまっていること。
※浅草経済学(1933)〈石角春之助〉一「だがそうしたものに慢性し、空き空きしてゐる都会人には」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

慢性」の用語解説はコトバンクが提供しています。

慢性の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.