Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

慎到【しんとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

慎到
しんとう
Shen Dao
中国,戦国時代の思想家。 (山東省) に遊学し道家思想を学んだと『史記』にあるが,法による政治を説いたので法家系統に属するともいわれ,その事はよくわからない。その慎子』は 42編あったというが,現存するのは5編のみで,しかも偽書とされている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しん‐とう〔‐タウ〕【慎到】
中国、戦国時代の(ちょう)の思想家。法家的政治思想を唱えた。著とされる「慎子」は一部分のみ伝わる。生没年未詳。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しんとう【慎到 Shèn dào】
中国,戦国時代の趙の思想家。生没年不明。斉の宣王(在位,前319‐前301)のとき,斉の都におもむき鄒衍(すうえん),淳于髡(じゆんうこん),環淵(かんえん)らと稷下の学士として活躍した。黄老道徳の術を学んで12編を著したと伝えられる。《漢書》は法家に列して《慎子》42編を記録しているが,多く散逸して,現行本は5編である。その勢(位)を重んずる主張は,商鞅(しようおう)の説いた法,申不害の尊んだ術とともに,韓非にとりいれられて《韓非子》の法思想を構成することとなる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

慎到
しんとう

生没年不詳。中国、春秋戦国時代の法家(ほうか)思想家で、君主の権勢や地位といった勢に関する考察に優れていた。趙(ちょう)国(山西省)の生まれで、斉(せい)の稷下(しょくか)学士の一人。彼の政治思想は、賢・智(ち)といった個人的な才能に依存せず、勢・法といった客観的統治手段である君主の権勢や地位に依存すべきだというもの。こうした考えは斉での影響と考えられ、『管子(かんし)』法法・七臣七主篇(へん)などにもみえる。『荘子(そうじ)』天下篇では道家思想家として扱われているが、主観的なものによらず、客観的なものに依存していると批評されている点では一致している。著作は『史記』では12論を著したとされ、『漢書(かんじょ)』芸文志(げいもんし)には『慎子』42篇が著録されているが、宋(そう)代以後、大部分が亡逸して5篇のみ現存している。

[澤田多喜男 2015年12月14日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しん‐とう ‥タウ【慎到】
中国、趙(山西)の人。戦国時代の法家の学者。黄帝老子の思想を学び、道家ともいわれる。当時の思想界の中心地であった斉の稷下(しょくか)で田駢(でんべん)らとともに宣王に仕えた。著に「慎子」四二編があるが五編のみ現存する。生没年未詳。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

慎到」の用語解説はコトバンクが提供しています。

慎到の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.