Rakuten infoseek

辞書

【たい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


たい
voice
動詞における文法範疇の一つ。ともいう。文の主語が,定動詞の表わす動作に対してどういう関係にあるかを示すもの。動作主になっている場合の定動詞の形を能動態,対象になっている場合のそれを受動態という。サンスクリット語ギリシア語には,主語が自身を対象として動作を行う場合の形が活用体系のなかにあり,これを中動態と呼ぶ。本来は,このように動詞の語形替変範疇をいったものであるが,広義では,助動詞を用いたり派生によったりして受身を表わす場合にも受動態と呼んで,態の概念を拡大解釈している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たい【態】
かたち。すがた。ありさま。てい。
voice》文法で、動詞によって表される動作・作用の性質・あり方とその表現のしかたに関する範疇。能動態受動態など。なお、完了態のように、相(aspect)の意味にも用いることがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たい【態】[漢字項目]
[音]タイ(呉)(漢) [訓]わざ
学習漢字]5年
身や心の構え。広く、ありさま。ようす。「態勢態度擬態旧態形態姿態事態失態実態醜態重態状態常態酔態世態生態媚態(びたい)変態容態
[名のり]かた
[難読]態態(わざわざ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たい【態 voice】
動詞にみられる文法範疇の一つで,主語(主語・述語)と動作の関係を示す。たとえば,英語のJohn kicked the dog.という文で〈kick〉という行為の主体であるJohnは主語としてあらわれており,その動作の及ぶ対象であるthe dogは目的語となっている。このような場合動詞は能動態active voiceである。これに対して,同一事実を視点を変えてThe dog was kicked by John.ということができる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たい【態】
すがた。かたち。ようす。てい。
〔voice〕 文法で、動詞の表す動作の動作主体・動作対象などの別を、文中で主語・対象語(目的語)などのどの文の成分でとらえるかによって区別される文の種類(能動態・受動態・中間態など)、およびそれを表現し分ける組織的な文法形式。ボイス。古い国文法では相と呼ばれることもある。
」に同じ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たい【態】
〘名〙 すがた。かたちありさま。ようす。姿態。状態。てい。
※正法眼蔵(1231‐53)菩提薩埵四摂法「たとへば事といふは、儀なり、威なり、態なり」
※小学読本(1873)〈田中義廉〉四「総て水は、流動の態を常となせども」 〔司馬相如‐封禅文〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

態の関連情報

他サービスで検索

「態」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.