Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

慈悲【じひ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

慈悲
じひ
maitreya; karuṇā
仏教用語。原語はどちらか一つの場合も両方の場合もある。「」と「」とは同格であり,2語間には多少の意味上の相違がある。「慈」はサンスクリット語 maitrīを原語とし,これは mitra (友) から派生した抽象名詞で,あらゆる人に平等に注がれる最高の友情,友愛という意味。「悲」はあわれみ,同情の意で karuṇāを原語とし,嘆きを原義とする。他人の嘆きと同化し,みずからも嘆きをともにするとき,他人に対する最も深い理解が生じると説く。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じ‐ひ【慈悲】
《「慈」は、梵maitrī「悲」は、梵karuṇāの訳》仏語。仏・菩薩(ぼさつ)が人々をあわれみ、楽しみを与え、苦しみを取り除くこと。
いつくしみ、あわれむこと。なさけ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じひ【慈悲】
仏教で説くあわれみの心,いつくしみの心。サンスクリットでマイトリーmaitrīあるいはカルナーkaruṇāという。慈と悲と区別していう場合は慈がマイトリー,悲がカルナーに相当する。慈は人びとに楽を与えること,悲は人びとの苦を抜いてあげることをいう。生きとし生けるものを苦から救済するという利他行を展開せしめる原動力がこの慈悲である。慈悲という仏教的な愛の精神は,基本的には自己は無我であると悟るところにあらわれる自他不二の精神から起こる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

慈悲
じひ

仏教で重視する用語。「慈」はサンスクリット語のマイトリーmaitrī(友情)にあたり、深い慈しみの心をさし、「悲」はカルナーkarunā(同情)にあたり、深い憐(あわれ)みの心をさす。仏典では、生きとし生ける者に幸福を与える(与楽(よらく))のが慈であり、不幸を抜き去る(抜苦(ばっく))のが悲であるというが、慈と悲はほとんど同じ心情を表し、マイトリーまたはカルナーという原語だけで「慈悲」と訳されることも多い。大慈、大悲、大慈悲というときは、仏や菩薩(ぼさつ)の慈悲を表す。仏の慈悲は、生ける者の苦しみを自己の苦しみとするので「同体(どうたい)の大悲」といい、上を覆いかぶせるものがない広大なものであるので「無蓋(むがい)の大悲」ともいう。諸経論には、慈悲に(1)生きとし生ける者に対して起こすもの(衆生縁(しゅじょうえん))、(2)すべての存在は実体がないと悟り執着を離れて起こすもの(法縁(ほうえん))、(3)なんらの対象なくして起こすもの(無縁(むえん))の3種があり(三縁の慈悲)、このうち無縁の慈悲が無条件の絶対平等の慈悲であり、空(くう)の悟りに裏づけられた最上のもので、ただ仏にのみあるという。

[藤田宏達]

『中村元著『慈悲』(1956・平楽寺書店・サーラ叢書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じ‐ひ【慈悲】
〘名〙
① (「慈」はmaitrī、「悲」はkaruṇā の訳語) 仏語。衆生をいつくしみ、楽を与える慈と、衆生をあわれんで、苦を除く悲。喜びを与え、苦しみを除くこと。
※法華義疏(7C前)四「四安楽者。一智慧行。二説法行。三離過行。四慈悲行」
※源氏(1001‐14頃)蜻蛉「仏のし給ふ方便は、慈悲をも隠して、かやうにこそはあなれと、思ひ続け給ひつつ、行ひをのみし給ふ」
② (形動) いつくしみあわれむ心。また、なさけ深い様子。また、そのさま。
※菅家文草(900頃)四・別遠上人「慈悲若不郷里、便付春風暁鐘
※栄花(1028‐92頃)月の宴「心のどかに慈悲の御心広く、世を保たせ給へれば、世の人いみじく惜しみ申」
③ (━する) あわれんでなさけをかけること。また、「お慈悲でございますから」などの形で、あわれみを請う意の慣用表現としても用いる。→じひ(慈悲)をすれば仇(あだ)する
※黄表紙・莫切自根金生木(1785)上「御ぢひでござりますから、モウ酒手は御めんなされまし」
※雑俳・柳多留‐六九(1817)「仏法と慈悲は両部を分けて啼」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

慈悲」の用語解説はコトバンクが提供しています。

慈悲の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.