Rakuten infoseek

辞書

感触【カンショク】

デジタル大辞泉

かん‐しょく【感触】
[名](スル)
外界の物事に触れて心に感じること。
「自己以外のものの生命の存在に―して以来」〈倉田愛と認識との出発
物事の雰囲気などからそれとなく受ける感じ。印象。「議案が通りそうな感触を得る」
手や肌に触れた感じ。手ざわり。肌ざわり。「カシミアの柔らかい感触

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かんしょく【感触】
スル
手や体が他のものにふれた時に得られる感じ。はだざわり。手ざわり。触感。 つるつるした- 絹の布の柔らかな-
外界からの働きかけによって心に感じること。感覚。 輓近ちかごろ何事に-したのか/当世書生気質 逍遥
相手の態度などからそれとなく感じとれるもの。 確かな-が得られた

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐しょく【感触】
〘名〙
① (━する) 外界の刺激にれて感じること。
(イ) 五官が刺激を受けとめること。また、その働き。感覚。
※医範提綱(1805)一「神経の知覚、感触を」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉五「神経に感触せずして、かくの如く運動するは何に故ぞと」
(ロ) 物事に触れて心に感じること。また、その気持。感情。
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉下「余の面白き脚色(しくみ)にだに感触(カンショク)なさざることともなるべし」 〔顔氏家訓‐風操〕
② 手や肌で触れた感じ。手ざわり。肌ざわり。触感
※収穫(1910)〈前田夕暮〉上「感触になれし手ながらとらざればさびしかくしにわが手冷えたり」
③ 相手の態度などからそれとなく感じとられるもの。印象。「許諾の感触を得る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

感触」の用語解説はコトバンクが提供しています。

感触の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.