Rakuten infoseek

辞書

感情【かんじょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

感情
かんじょう
feeling
日常用語としてもさまざまの意味で用いられるが,心理学的な定義も必ずしも明確ではない。普通,広義には,精神の働きを知,情,意と3分したときの情的過程全般をさし,情動気分情操,興味などが含まれる。また,えん根,嫉妬などの複合感情もある。狭義には,これらの情的過程に共通して認められる要素的感情としての快・不快をさす。 feelingという言葉の起源は「触れて知る」ことであり,やがて感覚器官を通さずに知覚することを意味するようになった。しかし,感情と感覚との関係については議論が多く,感情は感覚とは独立の過程であるとすると,感情は感覚 (特に皮膚感覚内臓感覚) に帰着するとする説とに分れている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かん‐じょう〔‐ジヤウ〕【感情】
物事に感じて起こる気持ち。外界の刺激の感覚や観念によって引き起こされる、ある対象に対する態度や価値づけ。快・不快、好き・嫌い、恐怖、怒りなど。「感情をむきだしにする」「感情に訴える」「感情を抑える」「国民感情を刺激する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんじょう【感情】
〈気持〉〈心持〉のような,人間の心理状態の受動的で主観的な側面をいう。感情には,〈明るい気分〉〈けだるい気分〉〈気分が良い・悪い〉と言われる場合の気分のように,身体の生理的状態の意識への反映と思われる微弱だが持続的なものから,漠然とした快・不快感,激しい欲情や嫌悪感,〈躍り上がって喜ぶ〉とか〈涙を流して悲しむ〉といった身体的表出をともなう激しい情動,ある種の欲望に似た強く持続的な情熱,さらに宗教的感情のようなある種の価値への畏敬の感情にいたるまで実に多様な心的状態が含まれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かんじょう【感情】
喜んだり悲しんだりする、心の動き。気持ち。気分。 「 -に訴える」 「 -を顔に出す」 「 -を害する」 「 -に走る」 「 -を込めて歌う」
〘心〙 ある状態や対象に対する主観的な価値づけ。「美しい」「感じが悪い」など対象に関するものと、「快い」「不満だ」など主体自身に関するものがある。また、一時的なものを情動、持続的なものを気分と呼び分ける場合もある。 → かんせい(感情)
[句項目] 感情を害する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かんせい【感情】
〔「せい」は漢音〕
物事に感じて起こる心のはたらき。特に、しみじみとした感情。かんじょう。 〔色葉字類抄〕 〔明治以降は一般に「かんじょう」とよまれた〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐じょう ‥ジャウ【感情】
〘名〙
② 物事に感じて起こる心持。気分。喜怒哀楽などの気持。特に心理学では、意識の主観的側面、感覚や観念に伴って起こる快、不快や情緒、情操の状態をいう。
※文明本節用集(室町中)「感情 カンジャウ」
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「文三の智識で考へて、文三の感情で感じて」
③ 理性を失ってある気持にとらわれること。
洒落本・魂胆惣勘定(1754)中「是は馴染程(なじむほど)感情(カンジャウ)になりたるものなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かん‐せい【感情】
〘名〙 (「せい」は「情」の漢音) 物事に感じて起こる心のはたらき。特に、深く心にしみて感嘆する趣、しみじみとした感動の気持などをいう。心の高まり。感興。かんじょう。
※万葉(8C後)一六・三八五七・左注「感情馳結、係恋実深」
※古今著聞集(1254)六「我朝に比類なき笛なり。〈略〉宮感情にたへず『双調の君なりけり』とのたまはせける」
※評判記・満散利久佐(1656)野関「床の内、えもいはぬ感情(カンセイ)有」
[補注]漢字表記の用例は、「かんせい」か「かんじょう」か不明であるが、古辞書やわずかなかな書き例などから推して、一応「かんせい」とみてこの項に収めた。意味も現今の「かんじょう」とはいささか異なり、「感動する気持」ととれるものが多い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

感情」の用語解説はコトバンクが提供しています。

感情の関連情報

他サービスで検索

「感情」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.