Rakuten infoseek

辞書

感心【カンシン】

デジタル大辞泉

かん‐しん【感心】
[名](スル)
りっぱな行為や、すぐれた技量に心を動かされること。心に深く感じること。感服。「うまいことを言うものだと感心する」「あまり感心できないやり方だ」
(逆説的に用いて)あきれること。びっくりすること。「ばかさかげんに感心する」
[形動][文][ナリ]りっぱであるとして褒められるべきさま。「親思いの感心な少年」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かんしん【感心】
( 名 ) スル
すぐれたものとして、深く感じて心を動かされること。 「達者な日本語に-する」
(逆説的に)驚きあきれる気持ちをもつこと。 「君のずうずうしさには-するよ」
( 形動 ) [文] ナリ 
行動・態度などが立派でほめるべきさまだ。 「 -な少年」
[句項目] 感心しない

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐しん【感心】
[1] 〘名〙
① すぐれたもの、人の心を打つものなどによって、心が深く動かされること。心に深く感じること。感服。肝心。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※花鏡(1424)比判之事「二曲も物まねも儀理もさしてなき能の、さびさびとしたる中に、何とやらん感心のある所あり」
② (①の逆説的な使いかた) つまらないこと、くだらないことに、あきれること。驚くこと。「あいつの忘れっぽいのにも感心する」
[2] 〘形動〙
① こちらが心を動かされるほど、行動、態、状態などがりっぱだ。ほめたたえられるべきさまだ。
※俳諧・三冊子(1702)わすれ水「『さのみ見る所なし。死て後見侍らば、是とても又哀にて、見る所もあるべし』と也。感心成る詞也」
② (逆説的な使い方で、少しばかにした意味で) りっぱだ。
※家(1910‐11)〈島崎藤村〉上「『いや、全く姉さんはお嫁に来た時の気分だ━感心だ』と宗蔵が眼で笑ひながら」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

感心」の用語解説はコトバンクが提供しています。

感心の関連情報

他サービスで検索

「感心」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.