Rakuten infoseek

辞書

感受性【かんじゅせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

感受性
かんじゅせい
sensitivity
環境内の事象変化刺激として感受する能力感度,刺激に対して興奮しやすい性質を感受性という。また,感覚の刺激の強さのを識別する能力,すなわち弁別しきい値が低いときに,感受性が高いとか鋭敏だとかいう。これに対して,絶対しきい値が低いときは感度が高い,または敏感だという。医学では,薬に対する細菌反応をいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かんじゅ‐せい【感受性】
外界の刺激や印象を感じ取ることができる働き。「感受性の強い人」「感受性が豊かだ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんじゅせい【感受性 affectivity】
外界からの感覚的,感情的な働きかけを受けいれる,人間の心の能力あるいは状態。大別して,認知的感受性と情動的感受性との二つがある。前者は,感性知覚にもとづいたもので,色彩,形,音の特性匂いや香りについての感覚を豊かにしてくれ,この場合には感覚性とも呼ばれる。後者はより全体的なもので,快楽苦痛の感情を受けいれる能力あるいは状態のことであり,この場合には感情性とも呼ばれる。またこの両者を含んだ感受的な心的事実の総体をさす場合には,感性とも呼ばれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かんじゅせい【感受性】
外界からの刺激を深く感じ取り、心に受けとめる能力。 -が鋭い -が豊かだ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かんじゅ‐せい【感受性】
〘名〙 外界の刺激を受けとる能力。対象からの触発によって印象を受容する感性の働き。感受力。〔哲学字彙(1881)〕
※三四郎(1908)〈夏目漱石〉七「三四郎は自分の感受性(カンジュセイ)が人一倍鈍いのではなからうかと疑ひ出した」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

感受性」の用語解説はコトバンクが提供しています。

感受性の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.