Rakuten infoseek

辞書

感動【かんどう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

感動
かんどう
affect
感情,情動気力などを含む総括的用語。精神機能を知,情,意に分類する場合の情にあたる。狭義には,喜びとか興奮とかを意味することもあり,また特定の対象に対する感情反応をさすこともある。この特定対象から,これと連合した他の対象へと感情が移動する場合を,感情の転移という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かん‐どう【感動】
[名](スル)ある物事に深い感銘を受けて強く心を動かされること。「深い感動を覚える」「名曲に感動する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かんどう【感動】
スル
美しいものやすばらしいことに接して強い印象を受け、心を奪われること。 深い-を覚える 名画に-する -的な場面

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐どう【感動】
〘名〙
① 強い感銘を受けて深く心を動かすこと。
※性霊集‐一〇(1079)暮秋賀元興僧正大徳八十讚「糸竹金土、感動鬼神
※太平記(14C後)四〇「和琴の調の間には鬼神も感動(カンドウ)するかとぞ覚えし」 〔礼記‐楽記〕
② 人の心を動かしてある感情を催させること。
※政教新論(1886)〈小崎弘道〉四「聊か人心を感動して之に幾分の満足を与へたる真理の一端と認むべきものを」
③ 他からの刺激に反応すること。作用を受けて動くこと。また、動かすこと。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「南方空気少しく異動あれば、其炎蒸の気流れて、直に加那他(カナダ)の地方まで、感動するに障碍なし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

感動」の用語解説はコトバンクが提供しています。

感動の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.