Rakuten infoseek

辞書

愛郷塾【あいきょうじゅく】

大辞林 第三版

あいきょうじゅく【愛郷塾】
橘孝三郎が1931年(昭和6)茨城県水戸市郊外に創立した私塾。青少年に農業経営などを教える。五・一五事件には農民決死隊を編成して参加。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あいきょうじゅく【愛郷塾】
農本主義者橘孝三郎が1931年水戸市郊外に創立した私塾。正式には自営的農村勤労学校愛郷塾。1915年旧制第一高等学校を中退し,郷里にほど近い自家の所有地で〈兄弟村農場〉を経営していた橘は,29年11月23日,〈全日本の国民的改造の為に(中略)命を賭して戦ふべき秋が来た〉として,愛郷会を設立。折からの農村恐慌のなかで〈愛郷主義〉を唱え,茨城県下各地で講演会を開催,32年5月には支部29,会員400を擁するに至る。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

愛郷塾
あいきょうじゅく
農本主義者橘孝三郎(たちばなこうざぶろう)が茨城県茨城郡常盤(ときわ)村に創設した私塾。1915年(大正4)第一高等学校を中退した橘は、長兄鉄太郎や次兄徳次郎らと「兄弟村農場」を経営していたが、1929年(昭和4)11月、「大地主義」「兄弟主義」「勤労主義」を掲げて愛郷会を結成し、中堅自作、自小作農家の青年たちを主体に農民の啓蒙(けいもう)活動や協同組合運動などを行った。さらに1931年「新日本建設の闘士」を養成するため自営的勤労学校の設立を企図し、同年4月15日愛郷塾を開設した。しかし、橘はこのころから井上日召(にっしょう)らを通じて直接行動による国家改造運動に関心を抱き始め、海軍士官らによるクーデター計画に参画する。そして、五・一五事件には塾生数名が「農民決死隊」を組織して東京市内の変電所襲撃を担当した。これによって塾の名は一躍有名になったが塾勢は逆に衰退し、加えて1933年1月の塾生による請願令違反事件(橘釈放要求直訴未遂)による弾圧で塾の活動はまったく停止した。[安部博純]
『松沢哲成著『橘孝三郎――日本ファシズム原始回帰派』(1972・三一書房) ▽保阪正康著『五・一五事件――橘孝三郎と愛郷塾の軌跡』(1974・草思社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

愛郷塾」の用語解説はコトバンクが提供しています。

愛郷塾の関連情報

関連キーワード

清水宏斎藤寅次郎マキノ雅広五所平之助ルロイ稲垣浩成瀬巳喜男内田吐夢島津保次郎田坂具隆

他サービスで検索

「愛郷塾」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.