辞書・百科辞典をはじめとする多数の辞書からすばやく簡単に| サービス一覧ヘルプ

愛石【あいせき】

美術人名辞典

愛石
江戸後期の画僧紀州生。名は真瑞、愛石は号、字は黙叟。初め野呂介石に学び、のち元・明諸家の遺蹟、先哲画風を研究して一家を成す。山水を能くする。野呂介石・長町竹石と並称して三石といわれる。文化・文政(1804~1830)頃に活躍、歿年未詳。

出典:(株)思文閣

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

愛石 あいせき
?-? 江戸時代後期の画僧。
紀伊(きい)の人。文化-文政(1804-30)のころに活躍。野呂介石(のろ-かいせき)にまなび,池大雅の画風をしたう。水墨,淡彩山水画を得意とした。介石,長町竹石(ながまち-ちくせき)とあわせて三石といわれた。名は真瑞。字(あざな)は黙叟。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

愛石」の用語解説はコトバンクが提供しています。

愛石の関連情報

他サービスで検索

「愛石」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.