Rakuten infoseek

辞書

愛甲 兼達【アイコウ カネサト】

20世紀日本人名事典

愛甲 兼達
アイコウ カネサト

明治・大正期の実業家 十五銀行頭取。



生年
文久2年11月(1862年)

没年
昭和3(1928)年10月17日

出生地
薩摩国(鹿児島県)

旧姓(旧名)
津田

経歴
薩摩藩士・津田伝助の長男に生まれ、のち愛甲氏を嗣ぐ。浪速銀行、勤検貯蓄銀行(のち鹿児島銀行)、南島拓殖製糖の取締役を兼任、十五銀行常務を経て、のち頭取となる。ほかに鹿児島電気軌道(のち鹿児島市営電車)、太洋商船、大隈鉄道、日本水電(のち九州電力)などの取締役を務めた。

出典:日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

愛甲 兼達」の用語解説はコトバンクが提供しています。

愛甲 兼達の関連情報

他サービスで検索

「愛甲 兼達」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.