Rakuten infoseek

辞書

愛洲移香【あいす・いこう】

世界大百科事典 第2版

あいすいこう【愛洲移香】
1452‐1538(享徳1‐天文7)
剣術流派愛洲陰(かげ)流(単に陰流とも)の祖。名は久忠,日向守また惟孝ともいう。伊勢(一説に日向)の豪族の子孫。刀法の修行で各地を回り,36歳のとき日向鵜戸の岩屋に参籠して神託を得,陰の流を開いたと伝えられる。また移香は水軍と関係があり,明国にも渡航したらしく,明の武術書《武備志》に陰流目録の一部,猿によって刀法を示した図が載っている。陰流は上泉秀綱に伝わり,新陰流として確立され発展した。【中林 信二】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

愛洲移香
あいすいこう
(1452―1538?)
室町末期の剣術家。愛洲陰(かげ)流の祖。通称は太郎左衛門尉久忠(ひさただ)。惟孝(いこう)、移香斎と号す。愛洲氏は熊野水軍の出身で、南北朝のころ伊勢(いせ)(三重県)に移り、度会(わたらい)郡五所ヶ浦を中心に勢力を張ったという。幼少より刀槍(とうそう)の術を好み、長じて諸国を遍歴し、1487年(長享1)36歳のとき、日向(ひゅうが)(宮崎県)の鵜戸権現(うどごんげん)の岩屋に参籠(さんろう)すること37日、刀法の極意を感得して、陰流を始めた。長子小七郎宗通(こしちろうむねみち)(惟脩(いしゅう)、元香斎(げんこうさい))は永禄(えいろく)の初め(1560ころ)関東に下り、上泉伊勢守秀綱(かみいずみいせのかみひでつな)や佐竹常陸介義重(ひたちのすけよししげ)らに陰流の奥義を伝えたという。[渡邉一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

愛洲移香」の用語解説はコトバンクが提供しています。

愛洲移香の関連情報

関連キーワード

シェール・シャー足利義明足利義明ストラスブール大学パラケルススアルトドルファー北条氏政ボゴタ本多正信前田利家

他サービスで検索

「愛洲移香」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.