Rakuten infoseek

辞書

愛洲氏【あいすうじ】

世界大百科事典 第2版

あいすうじ【愛洲氏】
南北朝~戦国期の伊勢の武家。愛曾氏,五箇所(五箇)氏とも称し,現,三重県度会郡南勢町五ヶ所浦を本拠とした。同地に城・館址がある。出自不明。紀伊国日高郡南部荘を本拠とした愛洲氏もいるが,両者の系譜関係は不明。1339年(延元4∥暦応2)宗実が朝明郡萱生御厨を南朝より与えられたほか,同年の〈潮田幹景軍忠状〉に守護愛洲太郎左衛門尉,《太平記》には愛曾伊勢守の名がみえる。南北朝から室町初期にかけて丹河・苦木(にがき)御厨,大国荘,法楽寺領などの押領,醍醐寺領曾禰荘の預所職を請け負うなど活発な動きをしている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

愛洲氏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

愛洲氏の関連情報

他サービスで検索

「愛洲氏」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.