Rakuten infoseek

辞書

愛欲【あいよく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

愛欲
あいよく
kāma
仏教用語。仏教における愛には,愛,親受,欲楽,愛欲,渇愛などがあるが,そのなかで性的な愛を愛欲という。インド人は,古来,人生の3 (または4) 目的として,義務を実行すること (ダルマ) ,財産を蓄積すること (アルタ) ,性愛を正しく享楽すること (カーマ) ,および輪廻の超越 (モークシャ) を立てた。カーマに関しては,その要綱書として『カーマ・スートラ』がつくられ,特に上流の人々に大きな影響を及ぼした。これに対し仏教は,特に初期仏教において愛欲を強く否定し,修行者にこれを超越することを要求している。ジャイナ教においても同様である。大乗仏教では,その重要な特質の一つである在俗の修行者を認める立場から,愛欲を否定せず,愛欲は統制されるべきものと考えられ,ほかの本能とともに,それを契機として悟りを得ることができると考えられるようになった。日本の仏教にあっては,鎌倉時代以後,愛欲を基本的に否定しようとするもの,愛欲を肯定しそのなかに生じる罪の意識や無常観をもとに阿弥陀仏の救済を求める浄土教,愛欲の生活にありながらも題目を称えることによって浄化されるとする日蓮仏教,の3つの傾向が生れた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

あい‐よく【愛欲/愛×慾】
性的な欲望。「―におぼれる」
仏語欲望に執着すること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あいよく【愛欲】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

愛欲」の用語解説はコトバンクが提供しています。

愛欲の関連情報

他サービスで検索

「愛欲」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.