Rakuten infoseek

辞書

愛新覚羅 浩【アイシンカクラ ヒロ】

20世紀日本人名事典

愛新覚羅 浩
アイシンカクラ ヒロ
アイシンジュエルオ/ハオ*

昭和期の華族 旧満洲国皇帝の弟に嫁いだ“流転の王妃”。



国籍
中国

生年
1914年3月16日

没年
1987年6月20日

学歴〔年〕
女子学習院高等科卒

経歴
1914年(大正3年)元侯爵嵯峨実勝の長女として生れ、’37年(昭和12年)当時の国策としての「日満親善」の下で、清朝最後の皇帝で満洲国皇帝になった愛新覚羅溥儀実弟、溥傑と結婚、二女をもうける。太平洋戦争終結で満洲国が崩壊、中国各地を逃避行した末、’47年日本に引き揚げた。’57年には長女の学習院大生慧生が級友と伊豆・天城山で心中するという悲劇にも見舞われた。’61年特赦となった夫に中国で16年ぶりに再会し、「日中親善に尽くし中国に骨を埋める」覚悟で北京に移り住む。以後、中国政府の要職に就いた夫と平穏な日々を送り、’74年及び’80年夫妻で来日。著書に自伝「流転王妃」がある。

出典:日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

愛新覚羅 浩 (あいしんかくら ひろ)
生年月日:1914年3月16日
満州国皇帝溥儀の弟溥傑の妻
1987年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

愛新覚羅 浩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

愛新覚羅 浩の関連情報

他サービスで検索

「愛新覚羅 浩」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.