Rakuten infoseek

辞書

愛新覚羅 慧生【アイシンカクラ エイセイ】

20世紀日本人名事典

愛新覚羅 慧生
アイシンカクラ エイセイ

昭和期の女性 満州国皇帝溥儀の姪。



生年
昭和13(1938)年2月26日

没年
昭和32(1957)年12月10日

出生地
旧満州・新京

学歴〔年〕
学習院大学

経歴
満州皇帝・溥儀の実弟の溥傑と嵯峨候爵家出身の浩との間に長女として生まれ、当時日満親善のシンボルといわれた。昭和18年から日本に住み、幼稚園から学習院に学ぶ。学習院大学で同級生の大久保武道と恋愛関係となったが、結婚を反対され、慧生の北京行決定とともに自殺を決意。32年12月4日家出し、10日伊豆天城山中で2人の死体が発見された。“天城山心中”とマスコミに騒がれ、2人の書簡集「われ御身を愛す」はベストセラーとなった。

出典:日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

愛新覚羅 慧生 (あいしんかくら えいせい)
生年月日:1938年2月26日
旧満州国皇帝溥儀の姪
1957年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

愛新覚羅 慧生」の用語解説はコトバンクが提供しています。

愛新覚羅 慧生の関連情報

他サービスで検索

「愛新覚羅 慧生」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.