Rakuten infoseek

辞書

愛宕山古墳〈茨城県〉【あたごやまこふん】

国指定史跡ガイド

あたごやまこふん【愛宕山古墳〈茨城県〉】

茨城県水戸市愛宕町にある6世紀初めごろの前方後円墳那珂(なか)川右岸の河岸丘上にあり、前方部が東南に向いて築造されている。茨城県内では最大級の前方後円墳で、墳丘長が136.5m、後円部は径78m、高さ10m、前方部の幅73m、高さ9m。現在は宅地になっているが、幅約23mの堀が周囲をめぐっていた。後円部上には愛宕神社が鎮座する。1934年(昭和9)、国指定史跡となった。古代の「仲国」(後の常陸国那珂郡)の支配者(仲国造建借間命(なかのくにのみやつこたけかしまのみこと))の墓と推定されている。1978年(昭和53年)の調査で周濠跡から円筒埴輪(はにわ)片や須恵器(すえきまずい)が出土した。この周辺には、姫塚古墳(仲国造のと伝えられている)をはじめとする多くの古墳が存在し、古墳群を形成していた。JR常磐線ほか水戸駅から茨城交通バス「袴塚2丁目」下車、徒歩約5分。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

愛宕山古墳〈茨城県〉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

愛宕山古墳〈茨城県〉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.