Rakuten infoseek

辞書

愛国社【アイコクシャ】

デジタル大辞泉

あいこく‐しゃ【愛国社】
明治8年(1875)、高知県立志社母体に各地の民権政社を結集して組織された政治結社自由民権運動中核となった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あいこくしゃ【愛国社】
自由民権政社。愛国公党は土佐立志社とともに全国的な政社を結成する檄を飛ばし,1875年2月22日大阪で大会を開いた。土佐立志社の板垣退助,岡本健三郎,片岡健吉,林有造ら,阿波自助社の小室信夫,井上高格,加賀の島田一郎,陸義猶,筑前の越智彦四郎,建部小四郎,豊前の増田宗太郎,肥後の宮崎八郎ら40余名が集まり,愛国社と名づけ本部を東京におくことを決議。〈各其自主の権利を伸張し,人間本分の義務を尽し,小にしては一身一家を保全し,大にしては天下国家を維持するの道より,終に以て天皇陛下の尊栄福祉を増し,我帝国をして欧米諸国と対峙屹立せしめんと欲す〉という合議書を発表したが,愛国社としての活動はほとんど行われず,各地方の政社の独自活動にゆだねられた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あいこくしゃ【愛国社】
1875年(明治8)立志社が中心となり、全国の政社を糾合した全国的民権組織。80年国会期成同盟と改称、国会開設運動を展開した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

愛国社
あいこくしゃ
日本最初の全国的政治結社。1875年(明治8)2月22日、土佐立志社が中心となって各地方の自由民権結社を結集して結成された。創立大会には数十名の士族が集まったにすぎなかったが、東京に本社を置き、毎年2月と8月に大会を開くことを決め、民権運動の発展に努めようとしたが、すぐに解体した。その後1878年に植木枝盛(えもり)らの主唱によって再興され、1879年には18県21社が参集する全国的結社となった。これを契機として自由民権運動は急速に発展し、1880年3月の第4回大会には2府27県の国会開設請願署名者10万1161名の代表97名が大阪に結集し、名を国会期成同盟と改め、土佐立志社の片岡健吉、福島石陽(せきよう)社の河野広中(こうのひろなか)を代表に選んで政府に「国会を開設するの允可(いんか)を上願する書」を提出した。[後藤 靖]
『板垣退助編『自由党史』(岩波文庫) ▽内藤正中著『自由民権運動の研究』(1965・青木書店) ▽後藤靖著『自由民権』(中公新書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

愛国社」の用語解説はコトバンクが提供しています。

愛国社の関連情報

関連キーワード

フランス共和国憲法国民議会チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)ジェームズポピュリスト党トンガ貿易銀ロダンワッパ一揆シャンボン

他サービスで検索

「愛国社」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.