Rakuten infoseek

辞書

意趣【イシュ】

デジタル大辞泉

い‐しゅ【意趣】
恨みを含むこと。また、人を恨む気持ち。遺恨(いこん)。「意趣を晴らす」
心の向かうところ。意向。
「格調高雅、―卓逸」〈中島敦山月記
無理を通そうとすること。意地。
「二人はわざと―に争ってから」〈有島生れ出づる悩み
理由。わけ。
「神妙に―を述べ、ものの見事に討たんずる」〈浄・堀川波鼓
意趣返し」に同じ。
「昨日の―に一番参ろか」〈浄・矢口渡

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いしゅ【意趣】
他人の仕打ちに対する恨み。 -を晴らす -を含む -があらば私をお撃ち、相手には私がなる/たけくらべ 一葉
心の向かう所。考え。意向。趣向。 格調高雅、-卓逸/山月記 全く別の-にあらず/保元 上・古活字本
意地。いきがかり。 -なればと思ひて/著聞 9
わけ。理由。 神妙に-をのべ物の見事に討たんずる/浄瑠璃・堀川波鼓
意趣返しに同じ。 昨日の-に一番参ろか/浄瑠璃・神霊矢口渡

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

い‐しゅ【意趣】
〘名〙
① 心のむかうところ。意向。考え。仏教では仏の説法によって、平等意、別時意趣、別義意趣、補特伽羅(ふどがら)意楽意趣の四つを立てる。
※今昔(1120頃か)六「能尊王〈略〉事の趣きを問ひ給ふ。聖人、意趣を具(つぶさ)に語り給ふ」 〔法華経‐方便品〕
② 言わんとすること。意味。
※敬説筆記(18C前)「格物致知の詳なること、敬の意趣、『或問』に於て詳に著し」
③ わけ。理由。事情。〔吾妻鏡‐四・文治元年(1185)五月二四日〕
浄瑠璃・堀川波鼓(1706頃か)下「神妙に意趣をのべ物の見事に討たんずる」
④ 周囲の事情からやめられないこと。ゆきがかり。また、どうしてもやりとおそうとする気持。意地。
※金刀比羅本保元(1220頃か)下「大臣は此の世にても、随分意趣(イシュ)深かりし人なれば、苔の下迄さこそ思はるらめ」
⑤ 人を恨む心があること。恨みが心に積もること。また、その心。遺恨。
※江談抄(1111頃)二「貞信公与道明意趣歟」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)後「父の意趣(イシュ)を遂(とげ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

意趣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

意趣の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.