Rakuten infoseek

辞書

意見封事【いけんふうじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

意見封事
いけんふうじ
奈良~平安時代官僚に応じて,密して提出した政治上の意見書。三善清行の 12ヵ条,菅原文時の3ヵ条が有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

いけん‐ふうじ【意見封事】
奈良・平安時代、勅旨をもって意見を求めたのに対して、臣下が密封して提出した政治意見書。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いけんふうじ【意見封事】
律令制下で,政治上の意見を徴する詔に応じて,官人たちが封進した奏状古代中国では《漢書》宣帝紀に〈群臣をして封事を奏するを得せしめ,以て下を知る〉と初めて見える。日本では唐令をにして作られた大宝令(701成立)の中に,意見を述べようとする者は,密封して上進せよ,その意見は少納言から天皇に奏聞するが,公正を期するために開封してはならない,と明文化されている。その具体的な規定は平安中期の《新儀式》《西宮記》等に詳しく見える。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いけんふうじ【意見封事】
古代、律令官僚が天皇の命により、密封して提出した政治上の意見書。封事。三善清行の「意見封事十二箇条」や、菅原文時の「意見封事三箇条」が有名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

意見封事
いけんふうじ
奈良・平安時代に国家の重要な政策について、天皇が勅旨をもって臣下の意見を求めたのに対して、密封して奉った意見書。わが国における淵源(えんげん)は646年(大化2)の鐘匱(しょうき)の制にあり、天武(てんむ)朝にはすでに行われていたが、令制(りょうせい)では公式(くしき)令の規定に基づいてしばしば意見が奉られ、三善清行(みよしきよゆき)の「意見十二箇条」、菅原文時(すがわらのふみとき)の「封事三箇条」はとくに有名。しかし村上(むらかみ)天皇崩御(967)を境として有名無実化した。[福井俊彦]
『古代学協会編『延喜天暦時代の研究』(1969・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いけん‐ふうじ【意見封事】
〘名〙 平安時代、国家に事ある時、勅旨をもって臣下の意見を求めたのに対して、密封して奉った意見書。醍醐天皇の時の三善清行の「意見十二箇条」、村上天皇の時の菅原文時の「封事三箇条」が有名。平安中期以後は、実質的な意義が失われた。→封事
※本朝文粋(1060頃)二「意見封事 公卿意見六箇条 格」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

意見封事」の用語解説はコトバンクが提供しています。

意見封事の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.