Rakuten infoseek

辞書

意地【イジ】

デジタル大辞泉

い‐じ〔‐ヂ〕【意地】
気だて。心根。根性。「意地が悪い」
自分の思うことを無理に押し通そうとする心。「意地を通す」「意地を折る」
物をむやみにほしがる気持ち。特に、食べ物に執着する心。「意地が汚い」「食い意地
句作上の心の働き。
「―によりて句がらの面白きなり」〈連理秘抄

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

いじ【意地】
自分の考えを通そうと思う気持ち。強情な気持ち。 「男の-」
気だて。気性。心根。 「 -の悪い男」
物をむさぼろうとする気持ち。特に、食べ物に対する執着。 「食い-」 「 -がきたない」
〘仏〙 六識ろくしきのうちの、意識。心のはたらき。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

い‐じ ‥ヂ【意地】
〘名〙
① 仏語。心のはたらきのうちの第六の意識。また、そのはたらきをなす器官としての意根。
※一遍上人語録(1763)下「衆生の意地をきらひすつるなり。三毒は三業の中には意地具足の煩悩なり」 〔倶舎論‐一〇〕
② 気だて。気性。
※玉塵抄(1563)一五「いぢがすねこわばりて、人なみなみにない者あるぞ」
③ 自分の主張や行動をおし通そうとする心。いこじ。がんこ。
※岩瀬本大鏡(12C前)三「心いぢにておはせし殿にて」
※李陵(1943)〈中島敦〉三「想像を絶した困苦・欠乏・酷寒・孤独〈略〉を平然と笑殺して行かせるものが意地だとすれば」
④ 物欲。食欲。→意地汚い
⑤ 創作する時の心の働き。創作をする時の心の使い方。
※九州問答(1376)「意地は強く詞柔かなるべし。当時の人常にするは、意地は弱く詞は強し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

意地」の用語解説はコトバンクが提供しています。

意地の関連情報

他サービスで検索

「意地」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.