Rakuten infoseek

辞書

惣領制【そうりょうせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

惣領制
そうりょうせい
平安,鎌倉時代,主として武家社会において,惣領 (嫡子) が庶子を統制支配した武士団の結合形態。武家社会では,分割相続が一般的で,惣領,庶子とも家子郎党などをかかえて所領の経営を行なっていた。そこで惣領の統制下から独立してゆく庶子もあったが,概して惣領家は社会的経済的に一族に対し優越していた。平安時代末期以降兵乱が継起するにいたり,惣領を支柱として軍事的経済的に一族結合が強化され,鎌倉時代にいたると,幕府はこのような武士団結合を御家人制度に取込み,惣領を通じてその一族庶子を支配する体制を法制化した。ここに惣領は一族を率いて軍事に参加し,平時にも幕府役は惣領を通じてつとめる仕組みとなり,他方幕府の安堵も惣領に対して行われることとなった。鎌倉時代後期には社会の変化に伴って惣領制は弛緩し,庶子の独立化,分割相続による所領細分化が進んだため,南北朝時代以降,長子単独相続が多くなり,惣領制は解体していった。 (→嫡子単独相続 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そうりょう‐せい〔ソウリヤウ‐〕【×惣領制】
主として鎌倉時代、武士における一族の結合形態。所領は分割相続されるが、惣領庶子を統制し、一族の長として所領の支配、戦闘の指揮などに責任をもった。鎌倉中期以降は、しだいに長子の単独相続に移行。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そうりょうせい【惣領制】
中世武士団の惣領を中心とする結合とそれに伴う社会関係を惣領制と呼ぶ。中世武士は分割相続制をとっており,財産の中核部分は諸子のうちでももっとも能力(器量)があるとみなされた男子に譲られて,これが惣領といわれた。残りの所領は惣領以外の庶子・女子に譲られ,彼らはその所領を得て独立した生活を営んだ。しかしまったく独立していたわけではなく,戦時には庶子は惣領の下に集まって戦闘集団を形成し,平時には惣領の主催する祖先の供養や家の祭祀を通じて精神的結びつきをもった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

惣領制
そうりょうせい
中世武士の形成する社会組織の単位としての同族結合の体制をいう。[羽下徳彦]

惣領

惣(総)領とは本来全所領を領有するという意味。鎌倉時代には、一族の全所領の総括者の意味と、家の継承者たる家督の意味とをあわせて、武士=領主階級の血縁集団たる一族・一門・一家の統括者を意味し、一族の他の構成員は庶子といわれた。
 惣領制の規定については、大別して(1)武士=領主階級の領主制的所領支配、すなわち武士が領主として所領内の独立生産者たる名主(みょうしゅ)層から生産物を収奪するための血縁的結合の原理とみる見解と、(2)古代末期の名主層における農業経営そのものから出発するとみる説とがある。
 (1)の見解では次のように説かれる。古代末期の領主階級において、惣領を中核とし一族の力を結集して所領支配を実現する体制が成立し、この一族集団が上部権力や他の武士集団と関係を結ぶ。一族内部では家産=所領の分割相続が行われ、惣領が所領の大部分を相続し一部を庶子に分与するが、惣領は全所領を統括し、外部に対しては惣領のみが一族を代表し、軍事的・経済的義務を果たす。その負担は一族内で所領の規模に応じて配分賦課される。鎌倉幕府はかかる体制を基盤とし、惣領を御家人(ごけにん)として掌握するところに成立する。幕府の御家人への賦課は、京都大番役(おおばんやく)をはじめとする軍事的奉仕も、関東御公事(かんとうみくうじ)のような経済的奉仕も、惣領に対してなされる。惣領は庶子を率いて御家人として鎌倉殿(かまくらどの)に奉仕する。
 (2)では次のように説明される。平安期の名主層は家父長制大家族をなし、家長たる名主は名田(みょうでん)その他の生産手段を子弟近親に配分し、家長の強い統制のもとに農業経営を行う。この原理が発展して領主層の血縁関係を規定する。惣領は一族の所領を前惣領から継承し、子弟近親に配分し、上部からの賦課を庶子に割り当て徴納する。所領その他の生産手段は惣領が所有し、血縁関係を基軸として強力に一族を支配する。また名主の有する本名(ほんみょう)から従属者が独立して脇名(わきみょう)を形成するとき、本名と脇名の間には強い支配隷属関係が生ずるが、この関係も惣領・庶子を規制する原理となる。
 (1)の見解は、惣領制を領主階級に限定するから、家産分割の可能な条件のなかでは、庶子の惣領に対する相対的な独立性を認めるが、(2)の説では、惣領の庶子に対する強い統制力を説くことになる。[羽下徳彦]

惣領と庶子

具体的には、惣領は、〔1〕一族の祭祀(さいし)の中心となり、〔2〕次代の惣領の決定権を有し、〔3〕一族庶子の所領に対し検注・検断を行い、〔4〕代々の譲状(ゆずりじょう)などの証文を所持し、〔5〕庶子の所領売買を承認・保証し、〔6〕惣領の命に従わない庶子の所領を没収するなど、惣領は庶子に対してさまざまな規制力を有する。もっとも、その強弱については、場合により、また見解により種々の解釈がなされている。[羽下徳彦]

惣領制の解体

惣領制の成立は平安末期と考えられ、鎌倉時代を中心に展開したが、鎌倉中期以後、所領分割に限界を生じてくると、しだいに分割相続が行われなくなり、それにつれて崩壊する。鎌倉中期からまず女子一期分(いちごぶん)、すなわち女子の所領は死後惣領に返すという形で家産の統一性保持の努力が始まるが、異国合戦(いわゆる元寇(げんこう))を一つの契機として独立できる条件のある庶子家が独立してしまうと、南北朝期から単独相続の傾向が現れる。室町時代、単独相続が確立し家督の地位が絶対化すると、庶子は家督の家臣と化し、分割相続を基礎としていた惣領制は解体する。そして武士階級の結合は、惣領制という血縁原理を越えて、地縁的結合の形成へ向かうと考えられる。
 しかし近年の研究では、武士階級の結合原理は父系血縁を主とするとはかならずしもいえず、母系の血縁関係、婚姻によって結ばれる姻族関係、烏帽子(えぼし)親・子を含む養子・猶子(ゆうし)関係などさまざまな要素が複雑に関係することが強調されるようになり、従来の惣領制という概念の有効性について疑問を抱く傾向が強くなっている。[羽下徳彦]
『中田薫著『法制史論集 二』(1938・岩波書店) ▽石母田正著『古代末期政治史序説』(1956・未来社) ▽永原慶二著『日本封建制成立過程の研究』(1961・岩波書店) ▽『中世の武士団』(『豊田武著作集 六』1982・吉川弘文館) ▽羽下徳彦著『惣領制』(1966・至文堂・日本歴史新書) ▽大饗亮著『封建的主従制成立史の研究』(1967・創文社) ▽鈴木国弘著『在地領主制』(1980・雄山閣出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

惣領制」の用語解説はコトバンクが提供しています。

惣領制の関連情報

他サービスで検索

「惣領制」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.