Rakuten infoseek

辞書

情話【ジョウワ】

デジタル大辞泉

じょう‐わ〔ジヤウ‐〕【情話】
情のこもった話。真情を語る話。
「親子の間にどんな―があったか、それは知らぬ」〈蘆花思出の記
男女の恋愛の話。「悲恋情話
男女のむつごと。
「西洋の小説を読むたびに、…男女の―が、あまりに露骨で」〈漱石それから

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

じょうわ【情話】
人情を中心とした話。特に、男女の恋愛に関する話。 「佐渡-」
情愛のこもった話。また、男女の睦言むつごと

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょう‐わ ジャウ‥【情話】
〘名〙
① 真情を語る話。また、情のこもった話。
※江戸繁昌記(1832‐36)四「団欒紅炉を擁して、情話薫暖を負ひ」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉二「親子の間に如何な情話があったか、それは知らぬ」 〔陶潜‐帰去来辞〕
② 恋愛に関する話。男女の仲についての話。
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉上「模写の主意をもてせば道に違ひし男女の情話(ジャウワ)も頗る多かることなるべし」
③ 男女のむつごと。閨(ねや)の中などでの男女の語らい。
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉二「艷談情話巧みに狐媚を売り」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

情話」の用語解説はコトバンクが提供しています。

情話の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.