Rakuten infoseek

辞書

情状【ジョウジョウ】

デジタル大辞泉

じょう‐じょう〔ジヤウジヤウ〕【情状】
実際の事情。実情。「情状を考慮する」
刑事訴追を行うかどうかの判断や量定にあたって、斟酌(しんしゃく)される事情。通常、犯人の性格・年齢・境遇など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

じょうじょう【情状】
実際の事情・状態。実際のありさま。 処々人民の-を察し/西国立志編 正直
刑事手続において、訴追を行うかどうかの判断や刑の量定に影響を及ぼすべき一切の事情。犯人の動機や目的、犯人の年齢・経歴や犯行後の態度など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょう‐じょう ジャウジャウ【情状】
〘名〙
① 実際のありさま。実際の事情。実情
※日本外史(1827)一〇「城西北有石垣山、以為牙営、則城内情状、無遁隠
西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉四「国中に旅行し、処々人民の情状を察し」
② 刑事裁判で、被疑者、被告人に対し刑の量定をするにあたって、考慮すべき一切の事情。通常、犯人の性格・年齢・境遇・行為の動機や目的など、その範囲は広い。
刑法(明治四〇年)(1907)六六条「犯罪の情状憫諒す可きものは酌量して」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

情状」の用語解説はコトバンクが提供しています。

情状の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.