Rakuten infoseek

辞書

情報理論【じょうほうりろん】

知恵蔵

情報理論
質量や電圧などの物理量と同じく、情報を定量的に計りうる対象としてとらえ、その記録や通信数理を明らかにした理論。人間的、社会的な意味をもつ数量化できない情報を直接扱うことはできないが、情報の表現・保存・通信、システム設計のための基礎理論である。具体的には、効率の良い符号の設計、通信路における雑音に妨げられない情報圧縮方法、安全な通信を目的とする暗号理論などをテーマとしている。
(星野力 筑波大学名誉教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

じょうほう‐りろん〔ジヤウホウ‐〕【情報理論】
狭義には、通信理論において、1948年、シャノンウィーナーらによって展開された通信モデルとそのシステム理論。これにより、情報は確率論的に定量化されるようになった。
広義には、シャノンのモデルに基づき、動物や人間のコミュニケーションをも定量的に取り扱おうとするサイバネティックスの一分科。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じょうほうりろん【情報理論 information theory】
情報理論とは,おおむね通信に関する諸問題を数理的に考察する学問である。同一の対象を扱うが,いくつかの研究方法がある。その中で最も重要なのが,ウィーナー流情報理論,シャノン流情報理論,符号理論である。以下3者の基本的部分を概観する。
[ウィーナー流情報理論]
 ウィーナーN.Wienerはサイバネティックスの一環として通信の問題を捉え,最適フィルタや予測の理論などを創った。ロシアのコテルニコフV.A.Kotel'nikovも独立に通信における信号推定や検出の理論を創った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じょうほうりろん【情報理論】
情報科学の基礎分野をなす諸理論。信号理論・パターン認識理論・言語理論・人工知能論などを含む。狭義には、シャノンらが通信理論として確立した、情報の伝達および処理についての数学的理論。通信路の伝送容量、雑音を排除するための符号化、情報発生速度などについて論じる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

情報理論
じょうほうりろん
information theory
1948年に C.E.シャノンが発表した論文に始る数学的理論で,社会生活のなかでの情報の発生,伝送,受理を表現するものである。通信路を通じて一つの通報が送られたとき,受信側では事象に対する不確定さが変化する。たとえば,通報が完全に確かなものであれば,不確定さは消滅する。このような不確定さの変化分が,送られた情報量に等しいと考える。情報理論では,情報は物質と同様にはかったり数えたりできるし,伝送もできると考えるので,物資輸送システムと同じように情報伝送システムが設計できる。不確定さを表現する量はエントロピーと呼ばれ,事象の確率を与えれば計算される。その単位はビット bitで,情報の発生,伝送,処理の速度は bit/sで表わされる。情報理論は,情報量を客観的に定義してシステムの設計に反映させようとするものであるから,受信者の主観的価値や意味的な価値を扱うものではない。直接の応用としては,通信システムにおける変調,符号化,暗号の理論などがある。そのほか,生物と情報,人間の判断と行動,言語情報,冗長さと信頼性の関係などにも応用することができる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

情報理論
じょうほうりろん
information theory
通信における情報伝達の数学的理論のこと。20世紀なかば以降、情報科学の基盤を形づくっている。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

情報理論
情報の量,変換,伝送を数学的に体系化した理論.シャノン(Claude Elwood Shannon 1916-2001)がベル研究所に勤務していたときに発表した“A Mathematical Theory of Communication”(1948)が始まりとされている.この論文において,情報は確率で定義でき,すべての情報は0と1で表現できることが示され,情報量としてのエントロピーや通信路の通信容量という新しい概念が導入された.情報理論が扱う問題は,情報量,通信路の通信容量,符号化,雑音と信号,狭帯域化などであり,情報が人にもたらす価値という主観的な面は一切扱われない.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょうほう‐りろん ジャウホウ‥【情報理論】
〘名〙 アメリカのウィーナー、シャノンらによって展開された情報に関する数学的理論。情報量や情報源に数学的な定義を与え、雑音、通信路の情報伝送容量、情報源の発生する通信文の能率的符号化、予測などを、数学的な立場から研究しようとする。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

情報理論」の用語解説はコトバンクが提供しています。

情報理論の関連情報

関連キーワード

情報量ウィーナー(Norbert Wiener)エントロピー情報量クリスト&ジャンヌ=クロードシャンソン(フランス中世多声歌曲)ネオンサインミクロゾームレジスタンス文学

他サービスで検索

「情報理論」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.