Rakuten infoseek

辞書

悪寒【オカン】

デジタル大辞泉

お‐かん〔ヲ‐〕【悪寒】
発熱時などの、ぞくぞくとする寒け。「背筋に悪寒が走る」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

おかん【悪寒 chill】
発熱の初めなどに感じる,ぞくぞくとした不快な寒けをいう。顔面蒼白となり,骨格筋の不随意的な震えを伴うことが多い(これを悪寒戦慄(せんりつ)という)。感染によって外因性発熱物質が体内に入ると,白血球などに作用して内因性発熱物質が産生・放出され,血行を介して体温調節中枢の存在する脳の視床下部を特異的に刺激する。その結果,体温の調節レベル(セットポイント)が正常時の約37℃から39℃あるいはそれ以上の高温に移動する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

おかん【悪寒】
急な発熱により起こる、ぞくぞくとした寒け。 -がする

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

お‐かん ヲ‥【悪寒】
〘名〙 発熱のために起こる、全身がぞくぞくするような寒け。
翁問答(1650)上「悪寒(オカン)のやまひある人はわたいりをかさねきても猶さむし」
※或る女(1919)〈有島武郎〉後「熱病患者が冷たいものに触れた時のやうな不快な悪寒(ヲカン)
[補注]同じ意味で「悪感」という表記も見られる。例としては、夏目漱石「道草‐九」の「外ではしきりに悪感がした」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

悪寒
おかん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

悪寒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

悪寒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.