Rakuten infoseek

辞書

悪婆【アクバ】

デジタル大辞泉

あく‐ば【悪婆】
心のよくない老女。意地の悪い老女。
歌舞伎役柄の一つで、悪事を働く中年女の役。毒婦の性格をもつ。生世話(きぜわ)狂言を特色づけた役柄で、扮装・演出にも定型がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あくば【悪婆】
歌舞伎の女の役柄の一つ。現代でいう毒婦,妖婦といったタイプの役柄である。女だてらに刃物を振り回したり,悪事を働いたりする女の役。江戸中期以後,文化が爛熟頽廃してきた時代にこの役柄が生まれた。その初めは,4世岩井半四郎が演じた三日月お仙だといわれ,それ以後,5世半四郎の土手のお六,3世尾上菊五郎のうんざりお松,坂東志うかの鬼神のお松,3世沢村田之助の切られお富,沢村源之助女定九郎などの当り芸が輩出した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あくば【悪婆】
意地悪な老女。
歌舞伎の役柄の名称の一。中年の女性で、伝法肌でんぽうはだであだっぽい毒婦的な性格の役。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あく‐ば【悪婆】
〘名〙
① 心のよくない老女。意地の悪い老女。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「おらが所(とこ)の悪婆(アクバ)は、ホンニホンニいびいびこごとの本家だらうぞ」
② (形動) ひどくたちの悪い性質。また、そういう女。女性をののしって呼ぶ語としても用いる。
※歌舞伎・彩入御伽草(1808)小平次内の場「あまならば河が聞いて呆(あき)れるワ、とんだ悪婆だ」
※歌舞伎・木間星箱根鹿笛(1880)三幕「なんぼ悪婆(アクバ)なわたしでも、今迄世話になったと思やあ、いい心持はしないのさ」
③ 歌舞伎の役柄の一つ。女形で悪事を働く中年以上の役。束ね髪に広袖の半纏(はんてん)を着るなど、扮装に定型があった。
※歌舞伎・桜姫東文章(1817)大詰「こいつはお姫様の中へ、悪婆を等分に浚ひ込んだから」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あく‐ばば【悪婆】
〘名〙
伸子(1924‐26)〈宮本百合子〉三「大変な悪婆(アクババ)ですまないね」
② 人形芝居の人形に使う婆(ばば)かしらの一つ。顎(あご)を少し突き出して、意地の悪い目つきをしたもの。「明烏」の遣手おかや、「桂川連理柵」の帯屋の婆、八百屋の婆などに用いる。わるばば。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

悪婆」の用語解説はコトバンクが提供しています。

悪婆の関連情報

他サービスで検索

「悪婆」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.